【スペック】全長×全幅×全高=4590×1780×1380mm/ホイールベース=2760mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=701万円(テスト車=759万3000円)(写真=A)

BMW 335iクーペ (FR/6AT) 【ブリーフテスト(後編)】

BMW 335iクーペ (FR/6AT) (後編) 2006.12.16 試乗記 759万3000円総合評価……★★★7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「BMW3シリーズ・クーペ」に試乗。直噴ツインターボ採用により軽量化された新型の走りはどう進化したのか。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
直噴とターボは理想的な組み合わせである。直噴エンジンは燃料の高い霧化性によって燃焼温度を下げられるため高圧縮比化が可能になり、過給効果が十分得られない低回転域でのドライバビリティを高めることができる。さらに335iクーペでは、1千度以上の高温になるガソリンターボの排気温度に対応できる新素材タービンの採用で、ターボの燃費悪化の要因だったガソリン冷却(ガソリンを多めに吹くことで燃焼温度を下げる)を不要にするなど、細部にわたって先進技術を積極的に採用し、燃費の大幅な向上も実現。ターボでパワーを稼ぎながら、『ターボ=燃費が悪い』という定説を過去のものとしている。

その効果は、発進しようとアクセルペダルに足を乗せた時点で早くも明らかになる。自然吸気の「330i」とは明らかに異なる分厚いトルクで、回転上昇を待つまでもなく力強い加速を開始するからだ。この時、ターボラグをまったく感じさせないことにも驚かされる。実際には皆無ではないはずだが、制御系やトルクコンバーターに改良が加えられたという6段ATとの協調で、それを巧みに打ち消しているのだ。

その先の回転上昇も滑らかそのもの。ターボ特有の盛り上がり感はなく、あくまでリニアに7000rpmまで爽快に吹け上がるが、実際には分厚いトルクのおかげでそこまで回さずとも十分以上の加速を得ることができる。
つまり、最新ディーゼルと大排気量NAの長所を掛け合わせたかのような、これまで体験したことの無いパワーフィールを味わえるのだが、冒頭に記したように、それはあまりに平板過ぎて、これが単なる実用車ではなくBMWである以上、必ずしも手放しで賞賛できるものではないという感も正直言ってある。V型8気筒並みのパワーを、それより約70kg軽く実現したというこのエンジンだが、もちろんその真価と技術的価値は大いに認めるものの、V型8気筒にもまだ存在価値はあるということだ。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ランフラットタイヤの乗り心地は、確かに特定の条件では随分と良くなったと感じさせる。しかし、わだちで荒れた路面やザラついたワインディングなどでは、依然として定まらない進路と絶え間ない上下動に辟易させられる。ここは厳しく、その完成度は未だ納得できるレベルにはないと言っておく。

反面、その影響の少ない平坦路での快適性やフットワークは、非常に高いレベルにある。ワインディングロードに持ち込むと、コーナー進入時にはまさに切れば切った分だけ正確にノーズが反応してくれる。これこそ、上に書いた軽量設計のエンジンの真価がもっとも明確に出る場面。決して姿勢変化を抑えて強引に曲げているのではなく、しなやかに路面をトレースしながら向きが変わっていくから、ウェット路面だろうがクルージングするような速度だろうが、同じように一体感に浸れる。駆けぬける歓びは、飛ばさなくたって存分に堪能できるのだ。

アクティブステアリングは、もはや付いていることを意識させないほど自然な仕上がりである。しかし実際には、走行中常に働いている細かな操舵制御のおかげで、こうしたフットワークを安全に楽しめているのだということは忘れてはならない。
リアの落ち着きの良さも、この絶大な安定感、一体感に貢献している。多少激しく攻め込もうと、四輪がガシッと路面を捉えているのがありありと伝わってくる。ヤンチャな1シリーズに対してはもちろん、3シリーズ・セダンと較べても、より一層懐が深まった印象である。
おかげで、いい気になって飛ばしていると、気がつけばびっくりするような速度になっている。あまりに安定しているがゆえに速度感が狂ってしまうのが、難点と言えば難点だ。

(写真=荒川正幸(A)、河野敦樹(K))

 

【テストデータ】

報告者:島下泰久
テスト日:2006年10月23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)225/45R17 91W(ブリヂストン ポテンザRE050A)(後)225/40R17 94W(ブリヂストン ポテンザRE050AII)
オプション装備:メタリックペイント(7万5000円)/電動ガラスサンル/ーフ(14万円)/クライメート・コンフォート・ウィンドスクリーン(2万4000円)/アクティブクルーズコントロール(25万8000円)/HiFiシステム・プロフェッショナル・ロジック(8万6000円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

・BMW 335iクーペ (FR/6AT) (前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018924.html
・BMW 335iクーペ (FR/6AT) (中編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018927.html

 

(写真=A)
 
(写真=A)
	 
(写真=K)
 
(写真=K)
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る