ジーンズ柄シートの「三菱 i」倉敷バージョン

2006.12.15 自動車ニュース

ジーンズ柄シートの「三菱 i」倉敷バージョン

三菱自動車は、軽「i(アイ)」に、いわゆる「ご当地ナンバー」にちなんだ地域限定特別仕様車「i 倉敷」を設定、2006年12月14日に発売した。岡山三菱自動車販売から、100台限定で販売する。




「eKワゴン」「コルト」で“ご当地モノ”を出している三菱。意欲作の「i」に設定されたのは、同車の故郷でもある岡山県倉敷市にちなんだ「i 倉敷」だ。

リリースによると、倉敷は国産ジーンズ発祥の地らしく、ジーンズ柄シート生地を採用したのが特徴。10月に追加されたNAエンジンモデル「S」をベースに、AM/FMラジオ付きCDプレーヤー+4スピーカーやUVカット機能付きプライバシーガラス(リアドア・テールゲート)を盛り込んだ。車両後部の専用デカールは、郷土愛の証となるだろう。

2WDのみで、価格は109.9万円。

(webCG 有吉)


これが「i 倉敷」専用デカール

三菱自動車「i」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i/

関連キーワード:
アイ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記