マツダは「流雅」「トリビュートハイブリッド」を出品【デトロイトショー07】

2006.12.12 自動車ニュース

【デトロイトショー07】マツダは「流雅」「トリビュートハイブリッド」を出品

マツダは、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー:2007年1月13日〜21日)に、デザインコンセプトカー「マツダ流雅(りゅうが)」と新型「トリビュートハイブリッド」をワールドプレミアとして出品する。

マツダの漢字名前シリーズ最新版「マツダ流雅」。若年層をターゲットとしたスポーティでコンパクトな4人乗りコンセプトカーという位置付けだ。

広島のデザインセンターでデザインされたという同車では、先日のLAオートショーで披露した「マツダ流(ながれ)」と同一のデザインテーマ、「フロー(流れ)」を採用しながら、日本的な美しさを優雅で繊細な表面処理やディテールのデザインで表現している、という。

いっぽう、名前からしてわかりやすいのが「トリビュートハイブリッド」。フォード・グループの技術を用いたハイブリッドカーである。

(webCG 有吉)

マツダは「流雅」「トリビュートハイブリッド」を出品【デトロイトショー07】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。