クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】 全長×全幅×全高=4240×1775×1460mm/ホイールベース=2625mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=287.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ2.0 グラスルーフ(FF/4AT)【試乗記】

ナカミも、ソトミも、ポジティブに 2006.12.12 試乗記 ルノー・メガーヌ2.0 グラスルーフ(FF/4AT)
……287.0万円

2003年末の日本上陸から約3年、欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の「ルノー・メガーヌ」がマイナーチェンジ。その個性的なデザインで知られるハッチバックは、どう変わったのか? 『webCG』コンドーと関が、新型を駆ってランチに出かけた。

躍動感を加えた、斬新デザイン

コンドー(以下「コ」):こんどの「メガーヌ」は、どこが変わったん?
関(以下「せ」):“お尻”だけ眺めていても、なかなかわかりませんよ。外観で一番変わったのは、フロントまわりですから。
コ:ホンマや。目つきがキリッとしたわ。水平基調やったフロントバンパーも、今風の笑い顔なって。なんか、どっかのフランス車メーカーを意識してるわけやないよな?

せ:お化粧直しのテーマは「躍動感」。欧州では「特徴的なリアに比べて、フロント周りがおとなしすぎる」という声が多かったらしいんです。
コ:ふーん。やっぱり、このクルマはリアが主役やねんな。どうしても、お尻から比べたくなってしまうわ。せやけど、じゅうぶんチャーミングなトコに手ぇ入れへんかったんは正解やね。
せ:細かい変更はあるんですよ。リアのバンパーもフロントに合わせて微妙にカーブが切れ上がっていますし、リアブレーキランプだってチョッとだけ立体的になりました。間違いさがしレベルなんですが。
コ:ホンマに間違いさがしや。気がついたらたいしたもんやわ。で、他の部分はどうなったんよ?

旧型(写真左)に比べ、いくぶん“斜め基調”になった、新しい「メガーヌ」のフロントまわり。 中央のロゴマークは、ふちを掘り下げて輪郭を強調。パーツは同じでも、より大きく見える。
旧型(写真左)に比べ、いくぶん“斜め基調”になった、新しい「メガーヌ」のフロントまわり。
中央のロゴマークは、ふちを掘り下げて輪郭を強調。パーツは同じでも、より大きく見える。 拡大
バンパーはボディと同色に。“パッと見”で、一番識別しやすいポイントだ。
バンパーはボディと同色に。“パッと見”で、一番識別しやすいポイントだ。 拡大

親しみやすく使いやすく

コ:車内、めっちゃ明るいやん! ダブルのサンルーフがキいてんねんなぁ。
せ:フロントとリアの「電動パノラミックグラスルーフ」は、メガーヌオーナーの約2割が選んでいたオプションだとか。今回のマイチェンでは、ひとつのグレードとして独立しました。
コ:内装を明るいベージュに変えたんも、それを意識してのことかもな。センターコンソールのエアコン吹き出し口まで同じベージュ色になってる。
せ:全体的に、ずいぶん軽やかな感じに変わりましたね。
コ:軽い軽い。ソートー軽い。変わったゆうたら、電動パワステのフィーリング。駐車場でチョッと動かしただけでも違いがわかる。“普通”になった。
せ:前のは、センターに戻ろうとする反力がもっと強かったし、そのかかり方もあまりスムーズではなかった気がします。

コ:ハンドルの感触ひとつで、全体の印象まで変わる。まぁ、エンジンは相変わらず、あんまり印象には残れへんけどなぁ。
せ:エンジンそのものに変更はありませんが、トランスミッションは変わっていますよ。
コ:えっ、そうなん? でも、「4段AT」のままなんやろ?
せ:2.0リッターモデルは、日本向けだったファイナルのギアレシオを本国と同じにしたことで、100km/h巡航時のエンジン回転数が2950rpmから2750rpmに下がっているんです。
コ:たったの200rpmやん?……とは思たけれど、アクセルペダルから足の裏に伝わる振動やエンジンノイズは、確かにずいぶん変わったわ。旧型は、ちょうどそのへんで車内のこもり音も気になったし。
せ:巡航速度が10km/hほど違ってきますから、たしかに“大きい”ですよ。

2つの大きな開口部から、車内にまんべんなく光がそそぐ。
2つの大きな開口部から、車内にまんべんなく光がそそぐ。 拡大
内装デザインに変更はないが、一点、先端が丸いメーターの針はシャープなものに変えられた。
内装デザインに変更はないが、一点、先端が丸いメーターの針はシャープなものに変えられた。 拡大
ルノー・メガーヌ2.0 グラスルーフ(FF/4AT)【試乗記】の画像 拡大
「お洒落なランチ」とかけて、「ルノー・メガーヌ」ととく。フランス車でたずねたイタリアの魚料理がこちら。 写真をクリックすると、すべてのメニューが見られます。

【スペック】
カブのスープ/カツオのたたきサラダ/エビのパスタ/キンメダイの香草焼き/ムースいろいろ
(文中のランチ=同じ)
ルノー・メガーヌ2.0 グラスルーフ(FF/4AT)【短評】

日常生活が変わってくる?

コ:となると、山の多い日本でどうなんか、チョット心配になるけど。
せ:その点、シフト“プログラム”は、日本独自のものにしてあるんです。ゴー&ストップの多い都会から、はては富士山の新五合目まで、実際に日本国内で走行テストを実施して決めたそうですよ。
コ:抜かりはないっちゅうことやな。あっ、感心してるうちに目的のレストランについたで。 「フランス車で行くイタリアの魚料理店」。ちょっとわけわからんけど、まぁええわ。

せ:日ごろ、お昼は適当に済ませてしまうだけに、たまにこういうお洒落なコースランチをいただくと、なんだか一日じゅう満ち足りた気分になりますね。
コ:ちょっとオオゲサ。せやけど、「メガーヌ」は、そんな“チョッとした幸せ”が味わえるクルマかもなぁ。日常使いのハッチバックに、こんなデザインのクルマ選んだら、生活全体がすこーしずつ変わってくるんやろなぁ。
せ:それに大事なのは、変わり方の“質”なんですよね。
コ:もちろん、ポジティブに変わりたいよな。外は躍動感をアピールして、よりアグレッシブに、内は内で明るくパーッとやろ。こりゃ、なかなか的を射たマイチェンや!!

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=峰昌宏/2006年12月)

関連キーワード:
メガーヌルノーメガーヌ・ハッチバック試乗記

あなたにおすすめの記事