フィアット復活物語 第16章「出直しは地方興行から!? “イタリア唯一の自動車ショー”ボローニャに気合」(大矢アキオ)

2006.12.09 エッセイ

第16章:「出直しは地方興行から!? “イタリア唯一の自動車ショー”ボローニャに気合」

FCCアドベンチャー(フィアット提供)
FCCアドベンチャー(フィアット提供)
パンダ・クロス・ダカール2007(フィアット提供)
パンダ・クロス・ダカール2007(フィアット提供)

■不思議なショー

ボローニャ・モーターショーは、毎年12月に開催される。トリノ・ショーが消滅した今日、イタリアで唯一の自動車ショーである。

ただし、ジュネーヴやパリ、フランクフルトほど、世界中の主要自動車メーカーが競ってニューモデルを発表するムードではないことも確かだ。トリノやミラノのカロッツェリアも、コンセプトカー発表の場は、やはりジュネーヴである。

自国のブランドさえ、発表しない。不思議なショーだったといっても過言ではない。

■フィアットの近未来が……

しかしここ数年、フィアットは近未来の暗示を、どのショーより先にボローニャに隠している。

たとえば、2002年には現行パンダのパイロット版であるオフロードカー「シンバ」を展示している。
昨年は、フィアット版ハマーのような四駆コンセプトカー「オルトレ・フィアット」を、世界初公開した。
そればかりではなく、スズキSX4の姉妹車である「セディチ」も発表してしまった。生産車のデビューの場としても、ボローニャを選んだのである。

トリノ五輪を前に、四駆攻勢でスポーティなフィアットを巧みに演出したというわけだ。

チュニジアでテスト中のパンダ・クロス・ダカール(フィアット提供)
チュニジアでテスト中のパンダ・クロス・ダカール(フィアット提供)
ボローニャ・ショーのフィアット・ブースにて(Akio L. OYA)
ボローニャ・ショーのフィアット・ブースにて(Akio L. OYA)
2006年ボローニャ・ショーのポスター
2006年ボローニャ・ショーのポスター

■フィアットの目論み

外国メディアでいまひとつ採り上げられないボローニャで、なぜ?

そんな筆者の疑問に、フィアットの熟練広報スタッフは、こう説明する。
「ボローニャはイタリア国内市場にとって、やはり重要なショーなのです」

たしかに、冒頭のとおり世界初のニューモデルは少ない。だが、パーツやイタリア人が大好きなニ輪も包括し、週末にはシューマッハー、ヴァレンティーノ・ロッシ、カピロッシなど、特別ゲストを招いて盛り上がる。
そんなこともあって、週末は押すな押すなの満員となり、期間中の観客数は150万人に達する。

フィアットは、一般ファン向けショーに積極的にアプローチすることによって、外国メーカーに心を奪われてしまったユーザーたちを取り戻す地道な努力をしているのである。

■のどかな光景

今年のボローニャは、12月17日まで開催されている。
フィアットは、コンセプトカー「FCCアドベンチャー」と「パンダ・クロス・ダカール2007」をいずれも世界初公開する。

前者はブラジルのチェントロスティーレ・フィアット(スタイリングセンター)による作品である。後者は年初のダカール・ラリー参加に向け、チュニジアで着々とテスト中の車両だ。
また、来年秋に発売される例の新型チンクエチェントも展示される。

ところで毎年ボローニャ・ショー会期中は、各地から会場行き特別列車が運行される。このあたりも、一般エンスー向けショーを色濃く感じるところだ。

会場への足といえば、こんな経験もあった。
一般公開日に路線バスで赴いたときのことだ。ショー会場に近づくと、数名の若者たちが運転士のおじさんに近づいて話している。
なにやら猫なで声でお願いしている風である。

しばらくすると、運転士のおじさんが、
「しょうがねえなあ、今日だけだゾ」と言ってバスを停め、その若者たちを降ろした。

バスは、ボローニャの市街までは行くものの、ショーをやっているメッセ会場の近くには停まらない。若者たちは、会場の近くで特別にバスを停めてもらったのだ。

バス停がないところで降ろすなど、イタリアでも規則的にNGである。
しかし見ると、運転士のおじさんは信号待ちの間、ニヤニヤ笑いながらモーターショー会場に向かう若者たちを見送っていた。
実はおじさん本人がいちばん、その“年一度のエンスーの祭典”に行きたかったのに違いない。

(文=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/2006年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。