【スペック】250GT Type P:全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(225ps/6800rpm、26.8kgm/4800rpm)/価格=331万8000円(テスト車=400万3600円)(写真=KO)

日産スカイライン250GT Type P(FR/5AT)/350GT Type SP(FR/5AT)【試乗速報】

あの「称号」を取り戻すために 2006.12.07 試乗記 日産スカイライン250GT Type P(FR/5AT)/350GT Type SP(FR/5AT)……400万3600円/436万5850円「SHIFT_passion」を掲げて登場した「スカイライン」は、先代の外観を継承しながらも中身は一新されている。「走りの日産」を象徴する存在ともいえるモデルの実力を味わうと、足りない部分も見えてきた。
(写真=KA)

(写真=KA)
【テスト車「250GT Type P」のオプション装備】
アクティブAFS=3万1500円/カーウィングスナビゲーションシステムHDD方式+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+インテリジェントクルーズコントロール+プリクラッシュシートベルト+インテリジェントブレーキアシスト+BOSEサウンドシステム=53万9700円/SRSカーテンエアバッグ+前席サイドエアバッグシステム=8万4000円/ETC=3万400円)(写真=KA)

【テスト車「250GT Type P」のオプション装備】アクティブAFS=3万1500円/カーウィングスナビゲーションシステムHDD方式+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+インテリジェントクルーズコントロール+プリクラッシュシートベルト+インテリジェントブレーキアシスト+BOSEサウンドシステム=53万9700円/SRSカーテンエアバッグ+前席サイドエアバッグシステム=8万4000円/ETC=3万400円)(写真=KA)

エンジンは「新設計」

伝統をかなぐり捨て、すべてを一新して登場した先代V35型スカイラインだが、ここ日本では、それは支持されたとは言いがたい。しかしインフィニティG35の名で初めて輸出された北米ではこれが大ブレイクしたのだから、本当に不思議なものだ。

V36型という形式名称が与えられた新型スカイラインは、その北米での人気を維持するべく、外観はうねりのあるラインで力強さを強調しつつも基本的には先代のイメージを強く残している。しかしボディ、シャシー、エンジン等々クルマを構成する重要部分には多くの新技術が採用され、また改良が施された。

たとえばボディは、スポット溶接を550点、アーク溶接を20か所増やし、レーザー溶接も総延長260cmから820cmに増やすことで剛性を大幅に向上させたという。サスペンションも同形式ながら設計は新規。後輪操舵にギア比可変式ステアリングを組み合わせた4輪アクティブステア(4WAS)も設定される。
V型6気筒のエンジンも、北米でブランド化しつつあるVQ型という名称を継承しているが、実質的には完全新設計だ。ここから透けて見えるのは、『走りの』スカイラインという称号を取り戻そうという思惑だが、実際それは高い次元で達成されている。

「350GT Type SP」のブラック/本アルミ内装(写真=KA)

「350GT Type SP」のブラック/本アルミ内装(写真=KA)
【スペック】
350GT Type SP:全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(315ps/6800rpm、36.5kgm/4800rpm)/価格=380万1000円(テスト車=450万2350円/4輪アクティブステア=13万6500円/アクティブAFS=3万1500円/カーウィングスナビゲーションシステムHDD方式+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+BOSEサウンドシステム=41万8950円/SRSカーテンエアバッグ+前席サイドエアバッグシステム=8万4000円/ETC=3万400円)(写真=KO)

【スペック】350GT Type SP:全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(315ps/6800rpm、36.5kgm/4800rpm)/価格=380万1000円(テスト車=450万2350円/4輪アクティブステア=13万6500円/アクティブAFS=3万1500円/カーウィングスナビゲーションシステムHDD方式+バックビューモニター+サイドブラインドモニター+BOSEサウンドシステム=41万8950円/SRSカーテンエアバッグ+前席サイドエアバッグシステム=8万4000円/ETC=3万400円)(写真=KO)

あとをひく爽快な走り

最初に250GTに乗って驚いたのはエンジン。これがホントに2.5リッター? と思うほど活発なのだ。スロットルが過敏で発進が飛び出しがちになるのは不満だが、低速域から十分なトルクがある上に吹け上がりは7500rpmからのレッドゾーンを軽く飛び越えるほど気持ちよく、グイグイ速度を高めていく。
スペック的にはガッカリな5段ATも、カタログ燃費はともかく走りの面では不満はなく、特にDSレンジでは小気味よいシフトアップ、自動でブリッピングを行なうシフトダウンのおかげでリズミカルに走らせることができる。

先代ではフラットライドとは名ばかりだった乗り心地も、目線をブラさず路面の凹凸を足元でいなしていく快適なものに進化した。個人的には、もう少し路面とのコンタクト感が重厚なほうが好みだが、それだけうまく入力を遮断し、あるいは受け流しているということでもある。
それでいてワインディングロードへと足を踏み入れ、ややゲイン強めに躾けられたステアリングを切り込んでいくと、四輪全部がじわっと沈み込むような絶妙なロール感で、地面に張り付いているかのようなコーナリングを堪能できるのだ。

17インチサイズのタイヤは快適性重視の銘柄で、ペースアップしていくと腰砕けな感もあるが、総じて乗り心地と操縦性のバランスは上々。爽快な走りはあとをひく感覚である。

よりグリップ指向の18インチを履く350GTでは、荒れた路面での追従性がやや劣るものの、限界は高まり動きのキレも増して、より爽快な乗り味を得ている。こちらのエンジンは最高出力315psと強力。回転上昇はやはり鋭く、低音が効いたサウンドを伴った豪快な加速を味わえる。しかし、トルクがさらに強力な上にこちらもやはりスロットルの反応が過敏なため、コーナリングでは立ち上がりで挙動がギクシャクすることが多々あった。

写真は「Type SP/Type P」にオプション設定される「フォーブ/本木目」内装。(写真=KA)

(写真=KA)

「350GT Type SP」(写真=KO)

ポテンシャルが高いからこそ……

注目の4WAS装着車は、さらにそんな印象が強まる。低速域での反応のシャープさは格段に増しているが、キレ味鋭い代わりに前輪のグリップと掌を介して対話しながら舵角をキレイに決めていくといった歓びは逆に希薄で、切り過ぎたり、あるいは舵角が足りなかったりを繰り返してしまう。シャープな反応は最初は刺激的だが、それが本質的にスポーティと言えるのかは、また別の話。クルマと深く濃く付き合っていきたいなら、現時点では僕は4WAS未装着をオススメとする。

こんな風にまだいくつか注文をつけたい部分はあるが、その走りの実力が明らかに高いレベルにあることは確かである。しかし、2006年のスカイラインとして、かつての神話など知らない層にアピールするには、それだけではやはり足りない。走りのよさなんてスカイラインが10年前にも、あるいは20年前にもアピールしていた価値なのだ。
それがハイブリッドなのか、やめてしまった直噴なのか、それとも画期的な燃費向上メカニズムなのかはわからないが、今の時代に登場する新しいスカイラインには、走りだけじゃない何か新しい価値を求めたい。それが見えてこないのが、現状の最大の問題点ではないだろうか。

これはあくまでエールのつもりである。そう、もっともっとと貪欲に期待したくなるくらい新型スカイラインの走りのポテンシャルは高い。だからこそ、それだけのクルマに終わってほしくはないのである。

(文=島下泰久/写真=郡大二郎(KO)、河野敦樹(KA)/2006年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る