プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生

2006.12.06 自動車ニュース

プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生

仏プジョーは、「206CC」の後継となる新しいクーペカブリオレ「207CC」を発表した。

■売れ筋CC、大型化

2000年秋にデビューして以来、世界で36万台が売れたという「206CC」。その後継車「207CC」は、先に投入されているハッチバック「207」をベースに、206CCや「307CC」で培った電動ハードトップを載せた、2+2のオープンカーである。

9月のパリモーターショーでは、燃料電池車「207エピュール」としてコンセプトカーを出しているが、市販版はそれとほぼ同じフォルムを纏っている。デザインは、プジョーのインハウスデザインチームによる。

PSAプジョー・シトロエンの「プラットフォーム1」をもとにしているのはハッチ同様。サイズはだいぶ大きくなり、全長は20cm以上伸びて4.037m、幅も広がり1.75mと、“コンパクト”という言葉がちょっと遠のいた感じだ。ハイトは微増で1.397m、207ハッチより75mm低い。

■ガソリン2種類、ディーゼル1種類

エンジンは、ガソリンが1.6リッターの120bhpとターボ付き150bhpの2種類。ハッチと同じで、BMWと共同開発したユニットを採用した。お得意のディーゼルは110bhpの1.6リッターが用意される。

全ユニットで5段MTが標準。ティプトロニックの4段ATは、120bhpバージョンにのみ設定されている。

電動ルーフは、マニュアルリリースハンドルがなくなりフル電動化。唯一の手作業といえば、約25秒ボタンを押し続けること、なのだという。

ボディは剛性を高めたもので、安全装備としてはアクティブ・ロールオーバー・プロテクション、5つのエアバッグなどを揃える。

(webCG 有吉)

【関連記事】
プジョー207 GT海外試乗記(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018726.html
プジョー207 GT海外試乗記(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018727.html

プジョー・ジャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生の画像



プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生の画像



プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生の画像



プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生の画像



プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • 「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上 2010.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る