スズキ「エスクード」「SX4」にスポーツブランドとのコラボモデル

2006.12.05 自動車ニュース

スズキ「エスクード」「SX4」にスポーツブランドとのコラボモデル

スズキは、街乗りヨンク「エスクード」と、クロスオーバーモデル「SX4」に、特別限定車「サロモンリミテッド」を設定、2006年12月5日に発売した。

スポーツギアのブランド「サロモン」とのタイアップ商品「サロモンリミテッド」。ウインタースポーツを楽しむユーザーに向けた特別限定車なのだという。

エスクードのそれは、ボディカラーと銀の2トーンとしたフロントバンパーや、銀色のリアアンダースポイラー&サイドステップ、銀色に塗装したルーフレールでお化粧。銀が雪原の比喩であろうことはいわずもがな。

これに加え電動サンルーフや撥水加工の専用シート表皮(「SALOMON」ロゴ刺繍入り)や、専用カーボン調シフトパネル&パワーウインドースイッチベゼルなどを採用した。

価格は、2リッターモデルが233万1000円、2.7リッター版は264万6000円。750台限定販売となる。


「SX4 1.5サロモンリミテッド」

いっぽうSX4は、やはり銀色の専用フロントグリルやルーフレールで彩り、音楽データも保存できるHDDナビゲーションシステムなどを盛り込んだ。
1.5リッターのFFが177万4500円、4WDは198万4500円。こちらは1000台限定だ。

(webCG 有吉)


スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る