次からは広島産オンリー、マツダの次期“Bカー”

2006.12.02 自動車ニュース

次からは広島産オンリー、マツダの次期“Bカー”

マツダは、欧州向けの次期Bセグメントコンパクトカーを、広島の本社工場で生産すると、2006年12月1日に発表した。

フォード・グループの一翼を担うマツダ。現在グローバルモデルである「Mazda2」(日本名:デミオ)は、スペインのバレンシア工場と広島で生産しているが、次期モデルではこれを広島に一本化し効率化を図る。

2003年の生産開始以来、14万3000台超のMazda2が、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」などもつくられるバレンシア工場から旅立ち、広島工場からは1996年以来100万台以上のデミオが巣立っていったという。

なお、デミオ/Mazda2の後継となるだろう次期Bカー、2007年内に生産が始まる予定という。

(webCG 有吉)

次からは広島産オンリー、マツダの次期“Bカー”の画像

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
  • 「シトロエンC4ピカソ」に“アクティブ家族”向けの限定車 2018.4.3 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年4月2日、ミニバン「シトロエンC4ピカソ」に特別仕様車「ワイルドブルー」を設定し、120台の台数限定で発売した。
ホームへ戻る