フィアット復活物語 第15章「“類似品”まで登場?人気のフィアット・グッズの数々」(大矢アキオ)

2006.12.02 エッセイ

第15章:「“類似品”まで登場?人気のフィアット・グッズの数々」

筆者が“体育会系フィアット・コーナー”と名づけた一角。
FIAT時計は36ユーロ。これでクラウンの如くグランデプントのドア開錠ができれば、と思うのは日本人の悲しいオタク性。

■ブームの仕掛け人、フィアット

ここ数年イタリアでは毎冬、巨大文字入りのスウェットが人気だ。とくに今年はトリノ五輪やワールドカップなど、ナショナリズムに目覚める機会が多かった。そのため、デカデカと“ITALIA”の文字が入ったスウェットを着用した若人が多い。

そもそもこの文字入りスウェット人気に火をつけたのは、何を隠そうフィアットである。

仕掛け人はフィアット創業家の御曹司、ラポ・エルカーン(28歳)だ。
兄貴で副会長のジョン・エルカーンが貴公子然としているのに対し、ラポにはやんちゃ坊主の雰囲気が漂う。腕に漢字タトゥーの入った自動車エリートは、業界広しといえども彼ひとりであろう。女優との交際などで、たびたび女性週刊誌のグラビアも賑わす。

それはさておき3年前、当時フィアットのブランド・マーケティング部長だった彼は、1920-30年代のFIATロゴを入れたスウェットを試験的に発売してみた。すると、プレミアムがつくほどの人気が出てしまった。

以来スウェットが流行し、今やFIATのかわりにTORINOなんていう文字の入った“類似品”まで街のショーウィンドーを飾っている。

マウンテンバイクもあり。
なかなかイカしたシートカバー。
もちろん、こういう渋いランチア・アウレリアのミニカーなんかもあり。

■古き良きイタリアン・ムード

前回紹介した「ミラフィオーリ・モーターヴィレッジ」にも、この大人気・FIATスウェットをはじめ、さまざまなFIATグッズを販売しているコーナーがある。

うら若きお姉さんにインタビューしようと思っていたのだが、「日本の有力自動車サイト取材」というボクの企画書が効いてしまったようで、ベテラン販売責任者が応対してくれることになった。
チータこと水前寺清子の雰囲気がないでもない、パトリツィア・ボッタッソさんである。

彼女によると、スウェットはもちろんだが、やはりアルファ・ロメオの盾型キーホルダーやミニカーといった定番ものもよく売れるという。

見ていてイタリアらしいのは、対面販売であることだ。イタリアではたとえパンツ1枚であろうと、高級品はいまだ店員さんに相談して、店の奥の棚から出してもらう。
ミラフィオーリでも、ショーケースの中やディスプレイされているモノを指さすと、店員さんが出してくれる仕組みだ。
さらに、ちょっと昔のせんべいのCMではないが、「なんか、なぁい?」と言うと、さらに別のバージョンを出してくれたりする。

そんなことをしている間に、エンスーと思われる他の客が、
「お前もランチア好きなのか?オレ、週末の市街パレードに参加するから、声かけてくれよな」
などと話しかけてくる。
血眼でショッピングするより、店員や他の客と会話を楽しむ余裕が必要なのである。

このあたり、前回紹介したようにショールームのニューウェーヴを狙いつつも、妙に従来のイタリアっぽいアットホームなムードが残っていて面白い。
なお、こうしたグッズとは別にカーアクセサリーを扱うサービスセンターもあり、併設するファクトリーで装着も可能である。

チンクエチェントは、ちゃんとトリノナンバー。空冷モデルで親子水要らず、なんちゃちって。
こちらはサービスセンターのラウンジ。
販売責任者のパトリツィアさん。

■充実のグッズに足りないもの

なお、写真はボクが訪れた時点で目にした商品の数々だが、限定生産品も含まれているので、すでに売り切れの場合もあることをお断りしておく。

ますますバリエーション充実のフィアット・グッズだが、何か足りないものがある。よく考えてみたら、わかった。“フィギュア”である。
今や日本では、ANA客室乗務員なんていうのは朝飯前、小田急ロマンスカーにだって、アテンダントのフィギュアがある。

日本のアニメで育った世代が増えてきた昨今、ミラフィオーリのコンパニオン・フュギュアを作ったら、そこそこ売れるのではないか?

そんな妄想にとりつかれていたら、水前寺パトリツィアさんが、
「Webに載ったら、ちゃんと教えなさいヨウ」
とボクに迫った。そして名刺をボクに手渡す。

自動車誌の仕事をして17年、ミス・フェアレディからもトヨタプリティからも、名刺など一度ももらったことはないのに。
へいへい。ボクはいい加減な返事をしながら、ミラフィオーリを後にした。

(文と写真=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/2006年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。