高性能セダン「クライスラー300C SRT8」の07モデル発売

2006.11.30 自動車ニュース

高性能セダン「クライスラー300C SRT8」の07モデル発売

ダイムラー・クライスラー日本は、「クライスラー300C」のハイパフォーマンスバージョン「SRT8」の2007年モデルを、2006年12月9日に発売する。

431psの6.1リッターV8搭載、ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー(SRT)の名を与えられた高性能セダン「クライスラー300C SRT8」。07モデルは、ボディカラーに「ミッドナイトブルー」と「スチールブルーメタリック」の2色を追加、計4色とした。

さらにフロントバンパー形状を一部変更。ブレンボ社製のディスクブレーキは、ベンチレーテッドディスクローターの表面にスリッドを付け、耐フェード性を向上させた。

価格は据置き、726.6万円。

(webCG 有吉)

クライスラー「300C」:
http://www.chrysler-japan.com/300c/

関連キーワード:
300Cクライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • クライスラー300がマイナーチェンジ 2015.10.6 自動車ニュース FCAジャパンが4ドアセダンの「クライスラー300」をマイナーチェンジ。内外装の一部のデザインを変更し、ダイヤル式のシフトセレクターを全車に採用した。装備の強化も図っており、前走車追従機能付きクルーズコントロールや車線逸脱防止機能が標準採用とした。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • 第1回:竹岡 圭が語るE-Grip Comfortの魅力と実力 2018.3.5 GOODYEARが提案する“上質”の新基準<PR> 世界3大タイヤメーカーの一角、グッドイヤーから、新しいコンフォートタイヤ「エフィシェントグリップ コンフォート」が登場。高い静粛性とシャープなハンドリングの両立をうたう新製品の実力を、モータージャーナリストの竹岡 圭が試した。
ホームへ戻る