メルセデスの高級クロカン「Gクラス」一部改良、7段ATを採用

2006.11.29 自動車ニュース

メルセデスの高級クロカン「Gクラス」一部改良、7段ATを採用

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの高級クロスカントリービークル「Gクラス」の一部を改良し、2006年11月29日に発売した。

夜間に視認性を高める2つの装備を追加。ステアリングの操作に応じて車両の進行方向を照らすアクティブライトシステムを備えたバイキセノンヘッドランプと、低速走行時に進行方向内側の路面を照らすコーナリングライトを標準装備した。

さらに「G500ロング」はトランスミッションを5段から7段AT「7G-TRONIC」に変更。ハイパフォーマンスモデルの「G55 AMGロング」では、AMGチューンのスーパーチャージャー付き5.5リッターV8エンジンのアウトプットを高め、24ps増の500psとした。

価格は、G500ロングが1210.0万円、G55 AMGロングは1650.0万円。いずれも左ハンドル仕様となる。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る