【スペック】バージョンS:全長×全幅×全高=5030×1875×1465mm/ホイールベース=2970mm/車重=2020kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(385ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpm)/価格=845万円(テスト車=930万500円)

レクサスLS460 バージョンS(FR/8AT)/バージョンU “Iパッケージ”(FR/8AT)【短評(後編)】

レクサスの美点と弱点(後編) 2006.11.28 試乗記 レクサスLS460 バージョンS(FR/8AT)/バージョンU “Iパッケージ”(FR/8AT)……930万500円/1155万9950円トップオブレクサスとしての「LS460」に試乗し、リポーターはクルマとしての出来には感心した。しかしながら、“レクサスのクルマ”としてはもの足りないところがあるという。

乗り心地はもう一歩

エンジンは静かで駆動系はスムーズだ。全体的に平和である。だからといってドライバーにとって、これは楽しい移動空間だろうか? そうなるとやや疑問は残る。
乗り心地は、期待が大きすぎたためか、やや残念な部分もあった。特に高速道路の荒れた面などで、予想外の突き上げがリアから伝えられ、同時にそれまでの素晴らしいフラットな感覚が損なわれる。エアサスのモードは3段階に切り替えられるし、硬さの違いは明瞭だが、リアがもう少し落ち着いてほしいというのはどのモードでも同じだった。

電動パワーのステアリングは、確かに充分にテストで煮詰められたようで、速度やコーナーに応じて絶妙に重さや感触が変化する。ただ車によってはその変化が自然なものと、比較的唐突なものがあった。個人的にはノーマルの18インチに対して19インチを履いたバージョンSのステアリングのほうが自然に感じられた。

洗練されたロードマナー

エンジンと同様にロードマナーも洗練されていて、日本の通常の走行では現代のクルマとして最上のレベルにある。ロールは小さくないものの、その動きはたくみに計算され、ボディは制御されていて、結構な速度で飛ばしても、その立ち居振る舞いは穏やかである。

完全に電気制御式となるブレーキの応答は、実によく計算されている。高速で踏むと明確なレスポンスでまず応えた後に、ドライバーが与える踏力とストローク、その速さに応じてじっくりとディスクを締め上げていく。最初は勝手にブレーキが仕事を急ぐような感じもしたが、ドライバーの気持ちを先読みするような応答はすぐに慣れる。

素晴らしい安全制御

LSのもう一つの売り物は、徹底的に電子制御された安全/ITSシステムである。中でもプリクラッシュセーフティシステムは世界でもっとも進化したものだろう。これは近赤外線CCDを用いたステレオカメラとミリ波レーダーで前方情報を読みとり、障害物や歩行者を感知すると、ドライバーに警告を与えるものだ。そればかりか、衝突の危険があると判断したときは操舵に対する車両の応答性を高め、同時にシャシーバランスを制御して回避を助ける。またモニター付きの場合は、ドライバーが正面を向いていないと判断したときは、警報とディスプレイで諭した後に最終的には警告ブレーキを行う。
一方リアでは、後車から追突される危険があるとき、自動的にハザードランプが点灯して注意を促し、さらにはヘッドレストが瞬時に前方に移動してむち打ちを防ぐ。

このシステムに加え、車間維持やレーンキーピング機能を備えたクルーズコントロール、また車庫入れや縦列駐車の支援システムなど、この機会に実際に体験した。いずれもその作動に違和感はなく、かなり開発が煮詰められているのを知り、ITSへの道は予想以上に早く進んでいるのに、本心から感心した。

もう少しオーラが欲しい

機械として見るなら、LSは確かにレクサスの旗艦としてふさわしい内容を持っており、アメリカでこれまでこの車を支持してきた顧客には、圧倒的に歓迎されるだろう。

でも他のレクサス各モデルに満足できなかったリポーターは、このLSでも同じ不満を感じた。端的に言うならクルマとしてのエモーショナルな魅力、あるいは高級車がもつ強いオーラを感じ取ることができなかったことだ。

それは外観や内装デザインによるものが大きい。レクサスルックは端正でクリーンだけど、クルマ好きのハートには響きにくい。それ以上に失望したのはインテリア・デザインで、確かに仕上げ水準はいいのだろうが、造形は古くさく、凡庸であり、他のトヨタ車と同じように退屈だった。

レクサスは、その性格からしてトヨタ的世界から飛躍して、これまでのトヨタ車が作れなかった自動車の姿を示さなければならない。でも今回のLSにも、リポーターは高級なクラウン以上の、レクサスならではの本質的な魅力を発見しにくかった。

(文=大川悠/写真=荒川正幸/2006年11月)

・レクサスLS460 バージョンS(FR/8AT)/バージョンU “Iパッケージ”(FR/8AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018841.html

バージョンSのインパネ

バージョンSのインパネ
バージョンSの内装

バージョンSの内装
【テスト車「バージョンS」のオプション装備】
プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=27万3000円/ムーンルーフ=9万4500円/オートエアピュリファイアー=4万2000円/マークレビンソンサウンドシステム=35万7000円/セキュリティカメラ=8万4000円

【テスト車「バージョンS」のオプション装備】プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=27万3000円/ムーンルーフ=9万4500円/オートエアピュリファイアー=4万2000円/マークレビンソンサウンドシステム=35万7000円/セキュリティカメラ=8万4000円
プリクラッシュセーフティシステム
(ミリ波レーダー・ステレオカメラフュージョン方式)(写真=トヨタ自動車)


プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー・ステレオカメラフュージョン方式)(写真=トヨタ自動車)
「プリクラッシュインテリジェントヘッドレスト」は、後方車両に追突される可能性が高いと判断した場合に、運転席のヘッドレストが写真のように前に移動し、むち打ちを防ぐ。(写真=トヨタ自動車)

「プリクラッシュインテリジェントヘッドレスト」は、後方車両に追突される可能性が高いと判断した場合に、運転席のヘッドレストが写真のように前に移動し、むち打ちを防ぐ。(写真=トヨタ自動車)
【スペック】
バージョンU “Iパッケージ”:全長×全幅×全高=5030×1875×1465mm/ホイールベース=2970mm/車重=2060kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(385ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpm)/価格=965万円(テスト車=1155万9950円/後方プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシスト=99万7500円/インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/パワートランクリッド=5万7750円/マークレビンソンサウンドシステム+リアエンターテインメントシステム=59万8500円/セキュリティカメラ=8万4000円)

【スペック】バージョンU “Iパッケージ”:全長×全幅×全高=5030×1875×1465mm/ホイールベース=2970mm/車重=2060kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(385ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpm)/価格=965万円(テスト車=1155万9950円/後方プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシスト=99万7500円/インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/パワートランクリッド=5万7750円/マークレビンソンサウンドシステム+リアエンターテインメントシステム=59万8500円/セキュリティカメラ=8万4000円)
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る