スズキ、シボレー輸入権をGMジャパンに移管

2006.11.27 自動車ニュース

スズキ、シボレー輸入権をGMジャパンに移管

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPジャパン)とスズキは、2007年1月1日から、北米生産のシボレー車と部品の輸入権を、スズキからGMAPに移管すると、2006年11月27日に発表した。

日本に正規輸入されるシボレーとは、SUV「トレイルブレイザー」。これまでスズキの販売店で売られていた同車は、今後、GMシボレー店とヤナセ系GM車販売店が取り扱う。またシボレーブランドでスズキが生産している「クルーズ」「MW」は、引き続きスズキの販売店に並ぶ。

なお、アライアンスパートナーとしてのGMとスズキの両社間における戦略的業務提携関係については、今後とも継続されるという。

(webCG 有吉)

スズキ、シボレー輸入権をGMジャパンに移管の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。