新型「ホンダCR-V」を飾るアクセサリー

2006.11.23 自動車ニュース

新型「ホンダCR-V」を飾るアクセサリー

2006年10月13日に3代目へと進化した「ホンダCR-V」をカスタマイズする純正アクセサリーが、ホンダアクセスから販売されている。

■「アーバン」と「アクティブ」、2つのスタイル

1995年にデビューした“Comfortable Runabout Vehicle”こと「CR-V」。街乗り中心のライトクロカンというジャンルを開拓した同車の3代目は、各所を改良しながら、より“都会度”をアップさせて登場した。

そんなNew CR-Vの個性をグッと際立たせることを目的とした、さまざまな内外アクセサリーが用意されている。しかし、数々のアイテムを前に、「どれを選べばいいのか」「どのアクセサリーを組み合わせるとカッコいいか」と悩むユーザーも多いだろう。

そこでホンダアクセスは、各アクセサリーを組み合わせた2つのスタイリングパッケージを提案している。
ひとつは、都会的でダイナミックなフォルムを謳う「アーバンスタイルパッケージ」、もうひとつはSUVとしてのタフなイメージをアップさせるという「アクティブスタイルパッケージ」だ。

■『CG』がサポートしたスペシャルムービー公開中

アーバンスタイルパッケージは、空力にも配慮したという前後エアロバンパーやルーフスポイラー、25mmローダウンしたスポーツサス、現在のところ純正品ではホンダ車最大という19インチアルミホイールなどで都会的イメージを演出。

いっぽうのアクティブスタイルパッケージは、オフロードイメージを助長させる前後バンパートリムや、世界初と謳う、足もとを照らすパドルライトの付いたマッドガードが装着される。

いずれのパッケージでも、さまざまなアクセサリーを好みにあわせて選ぶことが可能だが、ひとつの“お手本”として重宝することだろう。

なお、自動車専門誌『CG』が監修したスペシャルムービーが、ホンダアクセスの公式サイト(http://www.honda.co.jp/ACCESS/automobiles/cr-v/sp/)で公開中。加藤哲也編集長が、昨今流行のカスタマイズについて語っている。ぜひ、ご覧ください。

(webCG 有吉)

新型「ホンダCR-V」を飾るアクセサリーの画像

CR-V「アクティブスタイルパッケージ」装着車

CR-V「アクティブスタイルパッケージ」装着車

『CG』が監修したスペシャルムービー、ホンダアクセス公式サイト(http://www.honda.co.jp/ACCESS/automobiles/cr-v/sp/)で公開中。CG加藤編集長が次世代のカスタマイゼーションについて語っている。

『CG』が監修したスペシャルムービー、ホンダアクセス公式サイト(http://www.honda.co.jp/ACCESS/automobiles/cr-v/sp/)で公開中。CG加藤編集長が次世代のカスタマイゼーションについて語っている。

関連キーワード:
CR-Vホンダカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る