新型「ホンダCR-V」を飾るアクセサリー

2006.11.23 自動車ニュース

新型「ホンダCR-V」を飾るアクセサリー

2006年10月13日に3代目へと進化した「ホンダCR-V」をカスタマイズする純正アクセサリーが、ホンダアクセスから販売されている。

■「アーバン」と「アクティブ」、2つのスタイル

1995年にデビューした“Comfortable Runabout Vehicle”こと「CR-V」。街乗り中心のライトクロカンというジャンルを開拓した同車の3代目は、各所を改良しながら、より“都会度”をアップさせて登場した。

そんなNew CR-Vの個性をグッと際立たせることを目的とした、さまざまな内外アクセサリーが用意されている。しかし、数々のアイテムを前に、「どれを選べばいいのか」「どのアクセサリーを組み合わせるとカッコいいか」と悩むユーザーも多いだろう。

そこでホンダアクセスは、各アクセサリーを組み合わせた2つのスタイリングパッケージを提案している。
ひとつは、都会的でダイナミックなフォルムを謳う「アーバンスタイルパッケージ」、もうひとつはSUVとしてのタフなイメージをアップさせるという「アクティブスタイルパッケージ」だ。

■『CG』がサポートしたスペシャルムービー公開中

アーバンスタイルパッケージは、空力にも配慮したという前後エアロバンパーやルーフスポイラー、25mmローダウンしたスポーツサス、現在のところ純正品ではホンダ車最大という19インチアルミホイールなどで都会的イメージを演出。

いっぽうのアクティブスタイルパッケージは、オフロードイメージを助長させる前後バンパートリムや、世界初と謳う、足もとを照らすパドルライトの付いたマッドガードが装着される。

いずれのパッケージでも、さまざまなアクセサリーを好みにあわせて選ぶことが可能だが、ひとつの“お手本”として重宝することだろう。

なお、自動車専門誌『CG』が監修したスペシャルムービーが、ホンダアクセスの公式サイト(http://www.honda.co.jp/ACCESS/automobiles/cr-v/sp/)で公開中。加藤哲也編集長が、昨今流行のカスタマイズについて語っている。ぜひ、ご覧ください。

(webCG 有吉)


CR-V「アクティブスタイルパッケージ」装着車


『CG』が監修したスペシャルムービー、ホンダアクセス公式サイト(http://www.honda.co.jp/ACCESS/automobiles/cr-v/sp/)で公開中。CG加藤編集長が次世代のカスタマイゼーションについて語っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
ホームへ戻る