自分で組み立てるキットカー、「ミツオカK-4」発売

2006.11.22 自動車ニュース
 

自分で組み立てるキットカー、「ミツオカK-4」発売

光岡自動車は、オーナーが組み立てる新型マイクロカー「ミツオカK-4」を、2006年11月22日に発売した。


シンプルなコクピット。ステアリングは「momo」製で、インパネ中央には、スピードメーター、タコメーター、燃料計が収まる。
 

■空冷2ストロークエンジン搭載

「K-4」は、同社が1980年代から手がけてきたマイクロカー(原動機付き四輪車)シリーズのニューモデルだ。

1930年代のフォーミュラカーをイメージしたという車体は、オープンボディのシングルシーター。全長×全幅×全高=2490×1290×860mmという“小ささ”が特徴で、車重もわずか181kgに過ぎない。

搭載されるエンジンは、自社製の空冷2ストローク49ccユニット。約60km/h(=法定速度)で走ることができ、低く小さい車体とあいまって、純粋なドライビングプレジャーが得られる、という。

その「K-4」、なんと“キットカー”形式で販売され、クルマの組み立てはオーナー自身が行う。なお、排気量が50cc未満とはいえ、道路交通法上は「自動車」であるため、運転には普通自動車免許が必要となる。


ロングノーズな「K-4」だが、エンジンはシート後方に搭載される。
 

価格は、完全な組み立てキットが75万6000円、ボディ塗装とエンジンの組み立てを済ませたもので89万2500円だ。

なお2ストロークエンジンの「K-4」。排ガス規制により、今回限定で販売される220台を最後に、生産終了することが既に決まっている。

(webCG 関)


光岡自動車:
http://www.mitsuoka-motor.com/
キットカー「K-4」:
http://www.mitsuoka-microcar.com/k-4/k-4top.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。