自分で組み立てるキットカー、「ミツオカK-4」発売

2006.11.22 自動車ニュース

自分で組み立てるキットカー、「ミツオカK-4」発売

光岡自動車は、オーナーが組み立てる新型マイクロカー「ミツオカK-4」を、2006年11月22日に発売した。


シンプルなコクピット。ステアリングは「momo」製で、インパネ中央には、スピードメーター、タコメーター、燃料計が収まる。

■空冷2ストロークエンジン搭載

「K-4」は、同社が1980年代から手がけてきたマイクロカー(原動機付き四輪車)シリーズのニューモデルだ。

1930年代のフォーミュラカーをイメージしたという車体は、オープンボディのシングルシーター。全長×全幅×全高=2490×1290×860mmという“小ささ”が特徴で、車重もわずか181kgに過ぎない。

搭載されるエンジンは、自社製の空冷2ストローク49ccユニット。約60km/h(=法定速度)で走ることができ、低く小さい車体とあいまって、純粋なドライビングプレジャーが得られる、という。

その「K-4」、なんと“キットカー”形式で販売され、クルマの組み立てはオーナー自身が行う。なお、排気量が50cc未満とはいえ、道路交通法上は「自動車」であるため、運転には普通自動車免許が必要となる。


ロングノーズな「K-4」だが、エンジンはシート後方に搭載される。

価格は、完全な組み立てキットが75万6000円、ボディ塗装とエンジンの組み立てを済ませたもので89万2500円だ。

なお2ストロークエンジンの「K-4」。排ガス規制により、今回限定で販売される220台を最後に、生産終了することが既に決まっている。

(webCG 関)


光岡自動車:
http://www.mitsuoka-motor.com/
キットカー「K-4」:
http://www.mitsuoka-microcar.com/k-4/k-4top.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ロータス2イレブン・ロードバージョン(MR/6MT)【短評(後編)】 2008.5.6 試乗記 ロータス2イレブン・ロードバージョン(MR/6MT)

    サーキットで“ロータスらしさ”を確認した『CG』塚原久。限りなくレーシングカーに近い特性をもち、かつロードユースもできる稀有な存在であることが分かった。

    『CG』2008年2月号から転載。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る