「トヨタMR-S」間もなく生産終了、最後の特別仕様車

2006.11.20 自動車ニュース

「トヨタMR-S」間もなく生産終了、最後の特別仕様車

トヨタ自動車は、ミドシップ2シーターのライトウェイト・オープンスポーツカー「MR-S」の生産を、2007年7月末で終了するのにともない、最後の特別仕様車「V EDITION FINAL VERSION」を、2007年1月9日に発売する。販売台数は1000台限定。

「MR2」の事実上の後継車として1999年10月にデビューした「MR-S」。140psの1.8リッターエンジンをミドにマウントした、スポーティな2座オープンに、終焉が訪れる。

最後の特別仕様車は、ソフトトップ・本革シート&ドアトリム表皮・本革巻き3本スポークステアリングホイールに専用色のレッドを追加設定。さらに、ドアアシストグリップ・ダイヤル式ヒーターコントロールパネル・インストルメントパネルブレースカバーおよびシフトゲージカバー(6段シーケンシャルマニュアル車)をチタン調シルバーにするなどしたものだ。

ベース車両は2007年1月末で生産を終了、以降はこの特別仕様車のみの販売となり、2007年7月末をもって特別仕様車の生産も終了するというスケジュール。価格は、232.0万円(6段MT)と240.0万円(6段シーケンシャル)。クルマとスポーツの乖離が、 また進むということなのか?

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「MR-S」:
http://toyota.jp/mr-s/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る