【スペック】グランドボイジャー「リミテッド」:全長×全幅×全高=5120×1995×1755mm/ホイールベース=3030mm/車重=1960kg/駆動方式=FF/3.3リッターV6OHV12バルブ(174ps/5100rpm、28.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=422.0万円

クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)【試乗記】

『羨ましいモデルチェンジ』 2001.05.31 試乗記 クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)……356.0から422.0万円1983年の登場以来、全世界74カ国で873万台余を販売したクライスラーの元祖ミニバン、ボイジャー。2001年モデルから第4世代に移行し、日本でも6月1日から販売が開始される。クライスラー顔になった最新モデルに、webCG記者が試乗した。


【スペック】
ボイジャーLX:全長×全幅×全高=4830×1995×1755mm/ホイールベース=2880mm/車重=1890kg/駆動方式=FF/3.3リッターV6OHV12バルブ(174ps/5100rpm、28.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=356.0万円/インパネの写真は、グランドボイジャーのもの。

ウィングバッヂ輝く新型

「車検証の型式は変わるのですか?」と意地の悪いwebCG記者が、ダイムラー・クライスラー日本の広報担当に聞く。同社のドル箱モデルにして元祖ミニバン、ボイジャー&グランドボイジャーが「2001年モデルから4代目になった」というけれど、その実、フルモデルチェンジというよりフェイスリフトに過ぎないのではないか、と言いたいのだ。
「変わります」。言外の意図を汲むことなく、明快な答が返ってきた。

2001年5月28日、新型クライスラー・ボイジャーのプレス向け試乗会が、静岡県は須走を基点に行われた。6月1日から販売が開始される新しいミニバンは、ベーシックな「LX」(356.0万円)、レザーシート、パワースライドドア、オーディオ類を奢った「LXプレミアム」(390.0万円)、ボイジャーをストレッチしたグランドボイジャー「リミテッド」(422.0万円)の3種類がラインナップされる。
いずれも、フロントフェイスが、十文字グリルの“ダッヂ顔”から、格子模様を用いた“クライスラー顔”に変更されたのが最大の特徴だ。グリル中央には大きな「クライスラーウィングバッヂ」が配され、ギョロリと目をむいた4灯ハロゲンヘッドランプの採用と合わせ、ネオン、PTクルーザー、300Mといったクライスラー車に共通する顔つきとなった。わが国では、「ジープ」と較べていささか弱い「クライスラー」のブランドイメージを、なんとか強化したいのだろう。

パワースライディングドアとリフトゲイト

一新されたフロントエンド、2.5cm高くなったボンネット、より前方に倒されたDピラーとリフトゲイトウィンドウ、そして「サイドプロフィールをより均衡のとれたくさび型にする」(プレスリリース)ルーフとベルトライン、といった外観の変化とはうらはらに、2880/3030mmのホイールベース、前マクファーソンストラット、後リーフリジッドというサスペンション形式をもつシャシーは受け継がれた。もちろん、FFモデルがベースとなる。
日本に輸入されるのは、「両側スライドドア」「2+2+3シートの7人乗り」と従来通りの仕様で、当面、3.8リッターの四駆はカタログから落ち、3.3リッターV6のFFモデルだけとなる(4WD版は2002年に販売予定)。トランスミッションは4段ATのみ。先代と同じオーストリアはグラーツにあるユーロスター工場で生産される、ココロはアメリカンな欧州車である。

ニューモデルの目玉装備は、前席天井に設置されたスイッチひとつで開け閉めできる「パワースライディングドア」(LXプレミアムとリミテッドに装備)と「パワーリフトゲイト」(リミテッドのみ)である。特に後者に関しては“業界初”とクライスラーは鼻高々。「ピー、ピー、ピーッ」と警告音を発しながら、約4秒で開閉を完了する。
スライディングドア、リフトゲイトとも、電動モーターの駆動に抵抗を感じると即座に回転を逆転して作動方向を反転、つまり、障害物や人体の一部を挟むのを避ける仕組みを装備する。リアゲイトには、さらにゴムのウェザーストリップに「ピンチセンサー」を組み込み、異物を検出する。それでも指を挟まれたら、それはアナタの責任です。





写真は、ショートボディ、ファブリック内装の「LX」。ちなみに、ロングボディ版たるグランドボイジャーの150mm長いホイールベースの恩恵は、2列目シートのレッグルーム(+78mm)3列目(+129mm)荷室(0.41立方メートル)に表れる。

カタログより生活スペック

ラグジュアリーミニバンともいえるリミテッドに乗る。フル装備のレザー内装。3ゾーン温度感応式オートマチックエアコンディショナーがジマンだ。左右のセカンドシート間に設置されたセンターコンソールが脱着可能になったことも新しい。

フロントに横置きされた3.3リッターV6は、最高出力、最大トルク、ともに発生回転数を引き上げることで、14psと0.3kgmアップの174ps/5100rpmと28.3kgm/4000rpmを発生する。フロントブレーキローターが拡大され、ストッピングパワーも強化された。

フロントサスペンションのキャスター角が2度プラスされたので直進安定性が向上し、車重40kg増加の反面、リアサス4.5kgの軽量化が乗り心地に貢献し、さらにステアリングギアの容量3割アップがステアリングフィールに及ぼす影響も見逃せない、はずだが、ハンドルを握って一番印象に残ったのは「静かになった」ということだ。グランドボイジャーは、全長5.1m、全幅2.0mという立派な体躯だが、広い室内に、外部からのノイズがうずまくことがない。取り外し可能なセカンドシートも一脚につき5kg軽減して(それでもギックリ腰には注意!)25kgになったというから、40kgのウェイト増は、ボディの補強と防音防振に費やされたのだろう。しっかりとしたドライブフィールと合わせ、「なるほど、フルモデルチェンジだなァ」と思った。ショートボディのベーシックモデル「LX」も、もちろんボディの剛性感は高いけれど、受ける印象は変わらない。

1997年にオーストラリアで開かれたプレス向け試乗会で会った開発エンジニアたちを思い出す。「週末は、犬と一緒に釣りにいくんだ」「サードシートに座って、セカンドシートの背もたれを倒して足を載せてごらんなさい。それが、ボイジャーの特等席よ」。
クライスラー・ボイジャーが、「ステーションワゴンやセダンのオーナーにアピールするためには、この車はトラックよりむしろ乗用車の要素を多く持たせなければならない」という初代のコンセプトのまま、独立懸架やDOHCユニット、それに「豊富なシートアレンジ」を追加することなくベストセラーの座にとどまっていられるのは、ありていに言えば、ユーザーからそれで大きな不満があがっていないからだろう。

ミニバンに要求されるのは、カタログスペックより、生活のスペックらしい。

(webCGアオキ/写真=難波ケンジ/2001年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る