メルセデスのMPV「ビアノ」、名前を「Vクラス」に戻し再出発

2006.11.20 自動車ニュース

メルセデスのMPV「ビアノ」、名前を「Vクラス」に戻し再出発

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのマルチ・パーパス・ビークル(MPV)「ビアノ」の名称を「Vクラス」に変更。エンジン排気量を拡大、装備を変えるなどし、2006年11月20日に発売した。

商用バンをベースとしたモノスペース「Vクラス」の後継モデルとして2003年10月に日本で発売された7人乗り「ビアノ」。今回、名前を再びVクラスに戻し、心機一転から出直す。

3.2リッターから3.7リッターに排気量を拡大したV6エンジンは、231psと35.2kgmを発生させる。トランスミッションは変わらず5段ATだ。

装備面では、17インチ6スポークアルミホイールやプライバシーガラス(2、3列目サイド/リアウィンドウ)に加え、発進時や低速走行時に車両左前方の死角をルームミラー内モニターに表示する助手席ドアミラー内蔵サイドビューカメラを標準で与えた。

ラインナップは3種類。エントリーグレード「V350トレンド」(430.0万円)ではファブリックと人工皮革のコンビネーション素材を用いたシート、「V350アンビエンテ」(578.0万円)と「V350アンビエンテ・ロング」(599.0万円)では、電動デュアルスライディングドアやパークトロニック、クルーズコントロール&可変スピードリミッター、収納式センターテーブルなどを採用した。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ「Vクラス」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/v-class/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV250ブルーテック アバンギャルド(FR/7AT)【海外試乗記】 2014.4.21 試乗記 レジャーカーや送迎車としても重宝される、乗れて積めるメルセデス・ベンツきってのワークホースこと「Vクラス」がフルモデルチェンジ。その進化のキモとは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る