メルセデスのMPV「ビアノ」、名前を「Vクラス」に戻し再出発

2006.11.20 自動車ニュース

メルセデスのMPV「ビアノ」、名前を「Vクラス」に戻し再出発

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのマルチ・パーパス・ビークル(MPV)「ビアノ」の名称を「Vクラス」に変更。エンジン排気量を拡大、装備を変えるなどし、2006年11月20日に発売した。

商用バンをベースとしたモノスペース「Vクラス」の後継モデルとして2003年10月に日本で発売された7人乗り「ビアノ」。今回、名前を再びVクラスに戻し、心機一転から出直す。

3.2リッターから3.7リッターに排気量を拡大したV6エンジンは、231psと35.2kgmを発生させる。トランスミッションは変わらず5段ATだ。

装備面では、17インチ6スポークアルミホイールやプライバシーガラス(2、3列目サイド/リアウィンドウ)に加え、発進時や低速走行時に車両左前方の死角をルームミラー内モニターに表示する助手席ドアミラー内蔵サイドビューカメラを標準で与えた。

ラインナップは3種類。エントリーグレード「V350トレンド」(430.0万円)ではファブリックと人工皮革のコンビネーション素材を用いたシート、「V350アンビエンテ」(578.0万円)と「V350アンビエンテ・ロング」(599.0万円)では、電動デュアルスライディングドアやパークトロニック、クルーズコントロール&可変スピードリミッター、収納式センターテーブルなどを採用した。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ「Vクラス」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/v-class/

関連キーワード:
Vクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼルモデルを日本に導入 2017.10.11 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月11日、「パサート/パサートヴァリアント」のディーゼルエンジン搭載モデル「2.0 TDI」を日本市場に導入すると発表した。2018年初めの発売を予定している。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース