【スペック】全長×全幅×全高=4810×1910×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2150kg(7人乗り)/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=685.0万円(テスト車=同じ)

ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)【短評(後編)】

ボルボに 乗りに 函館に(後編) 2006.11.18 試乗記 ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)……685.0万円ボルボXC90は函館市街を離れ、郊外へ。北海道ならではの風景がひろがる。山いちめんの紅葉、広大な牧草地。ワインディングロードを、そしてラフロードを走る、試す。

世界で最も売れたボルボ

その背の高さから、とにかく大きく見えるのがこの手のSUVだが、全長4.8mのなかに大人5人以上と充分なラゲッジスペースを確保し、最大で7人まで許容するというのがXC90のテーマのひとつである。ディメンションを比べると、メルセデスGLは全長×全幅×全高が5100×1955×1840mm。対してXC90は4810×1910×1780mmと一回り小ぶりなのだ。
そしてこのパッケージングは、昨年世界で最も売れたボルボ車(8万5994台)という実績を残している。日本においても前年同期比で12%の伸びを見せているというが、その良さが理解されればもっと広がるシェアであると思う。

たとえば北米などでは、ママが子供たちを小学校からピックアップするときに、大きなバンが活躍する。そこでは、隣のジミー君や向かいのキャサリンちゃんも一緒に拾うのが近所づきあいの習わしだ。それが休日になればベースボールチームになるし、ピクニックになる。そして奥様方の間ではいま、お迎えにダッヂやシェビーのバンではなくて、XC90がちょっとクールなのだという。小ぶりだけど荷物も人も沢山乗せられるスタンスがウケているのだ。

気配りができている

そんな目でみると、これまではクロスオーバー系であった外観に、ボディ同色部分が多くなったのも納得がいく。テールゲート上部にさりげなく盛り込まれたクロームモールなどの小技も含めて、フェミニンな雰囲気も大切にしているということだ。

実用面では、トンネルコンソール後端のアームレスト部分を取り外して、後部座席中央を前方にスライドさせれば運転席との距離がグッと縮まる「インテグレーテッド・チャイルドシート」(7人乗り)や、ワンタッチで3列目座面を収納してフルフラットにできるシート構造など、各部に細やかな配慮がなされているのも、ボルボ・ブランドが女性にも受け入れられている理由だろう。

XC90の魅力はバランス

国道279号線、国道5号線を北上し、函館新道に入る。城岱スカイラインに入ると、四面は緑と空に囲まれる。いくつかのコーナーを抜けると、アメリカ並みにまっすぐな道が現れた。

XC90の走りは、バランスがいい。流行りのプレミアムSUVたちは、乗用車並みの速さを持たせたまま、見晴らしの良いクルマを造ろうとやっきになっている。しかしXC90は、フロントのロール剛性がライバルたちほどゴツくはないのだ。よってコーナリング時はそれなりにロールを許すが、だからこそドライバーも無理な運転をしなくなる。

個人的には、SUVでコーナリングを突き詰めることは、中にいる人間をどんどん不快にすることとしか思えない。特に後部座席は、座面が高くなる(場合が多い)から重心位置も上がり、パッセンジャーはロールやピッチングに対してさらに敏感になる。それをボルボは、フロントからきっちりロールさせることで、未然に防ぐ。限界が低いというのではない。物理の法則に逆らわず、背の高いクルマは背の高いクルマとしてきちんと走らせよう、と言っているような気がするのだ。

タイヤ径もむやみに大型化せず、3.2では235/65R17というサイズを選択しているのが嬉しい。65扁平のタイヤハイトは、微低速域で超扁平タイヤが与える左右の揺さぶられ感を和らげてくれるからだ。

ちなみに駒ヶ岳山中では下が砂利となったラフロードも走破したが、こういった路面ではむしろストローク感のあるサスペンションに安心感が高い。プレチャージ式の4WDは通常FWDで走っているが、各輪のスリップを感知した瞬間に適切な駆動力をAWDに分散する。そのトルクスプリット状況は、雪道でもなければ感じられないほどナチュラルだった。

XC90 3.2とは、SUVにおいてもボルボのイメージをしっかり受け継ぐクルマだ。安全で、洗練されていて、知的。そして今回の新型エンジンは、その洗練度をさらに上げる役割を果たしたのだと思う。

(文=山田弘樹/写真=高橋信宏/2006年11月)

・ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018826.html



ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)【短評(後編)】の画像


ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)【短評(後編)】の画像
写真をクリックすると中央の座席が前方にスライドします。

写真をクリックすると中央の座席が前方にスライドします。


ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)【短評(後編)】の画像
写真をクリックするとシートが倒れる様が見られます。

写真をクリックするとシートが倒れる様が見られます。


ボルボXC90 3.2(4WD/6AT)【短評(後編)】の画像
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る