先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車

2006.11.16 自動車ニュース

先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」の「ツーリングワゴン」とセダン「B4」に、特別仕様車「SI-Cruiseリミテッド」を設定、2006年11月28日に発売する。

3つの走行モードを選択できるSubaru Intelligent DRIVEこと「SI-DRIVE」が自慢のレガシィ。今回の「SI-Cruiseリミテッド」の特徴は、クルーズコントロールに先行車を追従する機能を加えた「SIレーダークルーズコントロール」採用にある。

フロントグリル内にあるレーザーレーダーにより、ほぼ0-100km/hの速度域で先行車との車間距離を維持。ドライバーの運転負荷の軽減と快適性向上に加え、SI-DRIVEと協調し実用燃費性能もアップしたという。

さらに、キー携帯でドア施錠・開錠とエンジン始動ができるキーレスアクセス&プッシュスタート機能、運転席8ウェイパワーシートのメモリー機能や助手席パワーシートなどを盛り込んだ。

ベース車は、レガシィツーリングワゴンとB4の「2.0GT」(AT)と「3.0R」。価格は、329.7万円から350.7万円まで。

(webCG 有吉)


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車の画像


 
先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る