先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車

2006.11.16 自動車ニュース

先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」の「ツーリングワゴン」とセダン「B4」に、特別仕様車「SI-Cruiseリミテッド」を設定、2006年11月28日に発売する。

3つの走行モードを選択できるSubaru Intelligent DRIVEこと「SI-DRIVE」が自慢のレガシィ。今回の「SI-Cruiseリミテッド」の特徴は、クルーズコントロールに先行車を追従する機能を加えた「SIレーダークルーズコントロール」採用にある。

フロントグリル内にあるレーザーレーダーにより、ほぼ0-100km/hの速度域で先行車との車間距離を維持。ドライバーの運転負荷の軽減と快適性向上に加え、SI-DRIVEと協調し実用燃費性能もアップしたという。

さらに、キー携帯でドア施錠・開錠とエンジン始動ができるキーレスアクセス&プッシュスタート機能、運転席8ウェイパワーシートのメモリー機能や助手席パワーシートなどを盛り込んだ。

ベース車は、レガシィツーリングワゴンとB4の「2.0GT」(AT)と「3.0R」。価格は、329.7万円から350.7万円まで。

(webCG 有吉)


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車の画像


 
先行車を追従するクルーズコントロール搭載、「スバル・レガシィ」特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る