アロマな「スバルR2」特別仕様車、一部改良で燃費性能アップ

2006.11.16 自動車ニュース
 

アロマな「スバルR2」特別仕様車、一部改良で燃費性能アップ

富士重工業は、「スバルR2」の一部を改良するとともに、特別仕様車「Refi Bitterセレクション」を設定、2006年11月15日に発売した。

 

弟分「R1」同様、無段変速機「i-CVT」をアップデートし燃費を向上。DOHCユニットと組み合わせたFFモデルで24.5km/リッター(10・15モード燃費)とした。さらにスーパーチャージャーエンジンをレギュラーガソリン対応とするなどした。
価格は、84万円から153万1950円まで。

特別仕様車「R2レフィ・ビター・セレクション」は、女性をターゲットとした「レフィ」グレードに、花粉対応フィルター付きエアコンや、たばこやペット臭などを軽減する消臭ルーフトリム、室内空間を香りで演出するアロマティックブレイク&ディフューザーセットを標準で与えたものだ。
98万7000円(FF)と109万6200円(4WD)。

(webCG 有吉)

 

富士重工業「スバルR2」:
http://www.subaru.co.jp/r2/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・プレオ RS 2WD(CVT)【ブリーフテスト】 2001.8.24 試乗記 ……119.5万円
    総合評価……★★★




ホームへ戻る