「メルセデスSLクラス」大幅改良、エンジン変更、内外デザインをリフレッシュ

2006.11.16 自動車ニュース

「メルセデスSLクラス」大幅改良、エンジン変更、内外デザインをリフレッシュ

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最上級ロードスター「SLクラス」を大幅改良し、2006年11月15日に発売した。
エンジン変更や内外デザインのリフレッシュなどが眼目となる。

新しいエンジンは、「SL350」の3.5リッターV6(272ps、35.7kgm)と、新顔「SL550」の5.5リッターV8(387ps、54.0kgm)。トランスミッションはパドルシフト付きの7段AT「7G-TRONIC」となる。

加えて、「SL600」の5.5リッターV12ツインターボ付きユニットと、「SL55 AMG」「SL55 AMGパフォーマンス・パッケージ」の5.5リッターV8スーパーチャージャーエンジンの出力を従来比で17psアップするなどした。

エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、アルミホイール、リアコンビネーションランプの意匠を一新。またインテリアでは、本革シートの素材変更やスイッチ類のデザイン変更などを行った。

さらに各車とも、サスペンションやステアリングの設定を変更(SL65 AMG除く)。スポーティさを増したと謳われる。

価格は、「SL350」1130.0万円、「SL550」1500.0万円、「SL600」1860.0万円、「SL55 AMG」1800.0万円、「SL55 AMGパフォーマンス・パッケージ」1950.0万円、「SL65 AMG」2800.0万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
ホームへ戻る