第7回:アフターマーケットでの成功を狙って〜米ビッグ3のビジネス舞台裏〜(後編)(桃田健史)

2006.11.15 エッセイ

第7回:アフターマーケットでの成功を狙って〜米ビッグ3のビジネス舞台裏〜(後編)

「俺ゃー、マリオだぁ」。孫マルコの急成長に目を細めて喜んでいるマリオ・アンドレッティ。アフター系パーツの広告に多数登場し、タレント業としては息子マイケルを凌ぐ人気がある。
「俺ゃー、マリオだぁ」。孫マルコの急成長に目を細めて喜んでいるマリオ・アンドレッティ。アフター系パーツの広告に多数登場し、タレント業としては息子マイケルを凌ぐ人気がある。
SEMAショーの正面玄関。「チャレンジャー」「マスタング」「コルベット」など、往年アメリカンマッスルカーたちのオンパレード。
SEMAショーの正面玄関。「チャレンジャー」「マスタング」「コルベット」など、往年アメリカンマッスルカーたちのオンパレード。

■会場はレトロな雰囲気

スターがいない。これが、今年のSEMAショー全体を見ての率直な感想だ。

SEMAショーではここ数年、「ハマーH2」「クライスラー300C」や、ホンダ系プライベーター主導のジャパニーズ暴走族、などアメリカの社会背景を映し出してきたクルマたちが華やいでいた。だが今回は、次世代のスターの姿が全く見えてこなかった。

毎年キャッチコピーや『Car/Truck of the Show』というテーマを祭り上げて、ショー全体の雰囲気作りを行っているSEMAショーの今年のテーマは『American Musclecar』。会場正面玄関には歴代の「フォード・マスタング」「ダッジ・チャージャー/チャレンジャー」「シボレー・カマロ/コルベット」など、V8ドロドロなアメリカン魂たちがレッドカーペットの上で整然と構えていた。

ということで、会場内のあちこちにも60年代のレトロな雰囲気が蔓延していた。アメリカングラフィティ世代の初老のカーファンたちは「いやー、昔のアメリカはほんと、楽しかったわいなぁ……」とノンビリとした足取り。

一時の勢いをすっかりなくしてしまった、ジャパニーズ暴走族たち。BFグッドリッチタイヤのブースには、「ホンダ・フィット」用のタイヤ(もちろん未発売)がヒッソリと置かれていた。

■SEMAショー全体が“落ち着いてしまった”

私はSEMAショーを過去20数年間程見てきている。そして今回、こんな風に思った。「なんだか、昔のSEMAショーっぽいなぁ」。これはテーマがマッスルカーだからではなく、SEMAショー全体が“落ち着いてしまった”からだ。

初期ネットバブルが起こった1995年あたりから今年初頭あたりまで、アメリカ庶民は景気の良さを実感し、その波にSEMAショーも同調してきた。ビッグ3の出展ブースは大型化、それを日系、韓国メーカーが後追いし、俗称“スポコン”のジャパニーズ暴走族たちが氾濫して……、SEMAショー全体の展示規模も拡張の一途をたどった。
アメリカ経済全体の失速感があらわになってきた昨今の状況を反映するかのように、そうした“新しい何か”が今回のSEMAショーにはなくなってしまったのだ。

ようするにネタの打ち止め。SEMA側は、展示者やユーザーをあおるが、ショー会場全体の雰囲気は普通の展示会然として、すっかり落ち着いてしまった。
ビッグ3も日系韓国系メーカーも、最初はオドオドおっかなビックリとアフターマーケットを覗きにきて、「ちょっとオイシソウかな?」と思って仕掛けを作り、昨年あたりまででマーケットデータは十分に取れた、という感じだろうか。

クライスラーのブース。あれ? 「300C」がいない、「マグナム」もいない……。マッスルカー強調の今年のSEMA、売れ線の「ダッジ・チャージャー」がガンバルしかないのか……。

■ビッグ3各社の動き

その傾向はビッグ3に特に強く見られ、出展車両のラインアップも昨年とカブッているケースがほとんどだ。

フォードは「マスタング一本に絞る=マスタングしかアフターでは金にならない」と明言。昨年登場させた「フュージョン/ファイブハンドレッド」、今年登場の「エッジ」には「(アフターについて)まったく期待はしていない」という。
SUV、ピックアップトラック用品はまだオイシイ商売なのでキープするも、新規のリスクは負わずのスタンスだ。

GMは、“実にGMらしく”毎年方針がコロコロ変わり、アフターでもまったく狙いが定まらない。「シボレーHHR」やら、「ポンティアックGXP」シリーズやら、過去に仕掛けた連中は撃沈状態。SUV、ピックアップトラック用品に、ただただしがみ付こうとしている。

ダイムラー・クライスラーも冴えない。ハイリスクなビジネスモデル、正規ディーラーでのチューニングプログラム「Speed Shop」は安定成長のようだが、とにかく本業の屋台骨が揺らいでいる。
さらにドイツのメディアが、「ダイムラー・クライスラーとVWが提携を検討、クライスラー部門を分離か?」とニュース配信したため、経済記者たちがMOPAR(クライスラーのアフター系ブランド)の発表会でダイムラー・クライスラー幹部たちを質問攻めに。こんな時期、四半期(3ヶ月)単位でモノを見るアメリカ人ビジネスマンにとって、「アフタービジネスどころではない」というのが本音ではなかろうか。

フォードの大英断。「シェルビーGT500」は、メーカー保証で700馬力チューニングを目指す!?

■「フォーカス」「シビック」はどこへ?

とまあ、いろいろあってもビッグ3は「アフター系、これからは俺たちの時代」と思っているに違いない。「シボレー・カマロ」「ダッジ・チャレンジャー」など、今回のテーマである『American Musclecar』なヤツラが復活するからだ。
マスタングだってまだまだ売れ続けると思っているから、メーカー完全保証のチューニングパーツを続々と売り出すという強気の作戦も展開している。

クルマのダウンサイジングが叫ばれる昨今でも、「マッスルカー需要は、別腹だ」と楽観的な態度を見せつけている。

ただちょっと不安なのは、過去SEMAショーの『Car of the Show』としてメーカー側が大プッシュした「フォード・フォーカス」や新型「シビックSiクーペ」は、アフター系ではまったく火がついていないこと。アフターマーケットにおいてもビッグ3は、マッスルカーとフルサイズピックアップ/SUVに頼るのみが実情だ。

「ダウンサイジングがさらに深刻になったら……」なんていうイヤな話、SEMAショーでニコニコ楽しくしているアメリカ人たちは、聞きたくないのだ。

(文=桃田健史(IPN)/2006年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。