フランス自動車メーカー合同プレス試乗会【試乗記(前編)】

フランス自動車メーカー合同プレス試乗会(前編) 2006.11.14 試乗記 プジョー・クーペ407(FF/6AT)フランス車のインポーターによる、「フランス自動車メーカー合同プレス試乗会」が開かれた。日ごろはライバル同士の3社、「プジョー」「ルノー」「シトロエン」が一堂に会する初の試みに、『webCG』コンドーと関が参加した。
フランス車インポーターのトップが揃い踏み。写真左から、徳山公信(ルノー・ジャポン代表取締役COO)、フィリップ・ヴァン ブローム(シトロエン・ジャポン代表取締役社長)、ティエリー・ポワラ(プジョー・ジャポン代表取締役社長)の3氏。

「フランス」ブランドは、いかが?

関(以下「せ」):今回は、フランス車の現行ラインナップばかりを集めた試乗会です。
コンドー(以下「コ」):めずらしい催しやな。初めての試みと違う? いったい、何がしたいんやろ?
せ:「フランス車」というひとつのブランドで一致団結して、より強く市場にアピールしたいようです。たとえば、ファッションの世界ではフランス物のバリューは高いですし……。いま、日本における輸入車はドイツ勢のシェアが圧倒的で、2006年の上半期をみても、新車登録台数のなんと77%を占めているんだそうです。
コ:そんなに? まぁ、一般のひとにとっては、外車イコールドイツ車かも知れへんな。で、2位はどこなん?

せ:2番手がフランス車です。とはいえ、わずかに7%。ずいぶん水をあけられていますね。
コ:ケタ違いやないか。もうちょっと何とかなるとは考えるよなぁ。ところで、フランス車て、どうよ?
せ:どうという以前に、実はじっくり乗ったことがないんです。よくクルマの記事で「フランス車らしさ」なんてフレーズを耳にしますが、それがどういう感じなのかピンときません。
コ:なんや、ヒトゴトみたいに……というより、絶好の機会やんか。いまどきのフランス車がどんなもんか、まずは乗ってみよ。



特徴的なヘッドランプは、コーナリング時、カーブの先に向かって光軸をシフトさせる“ディレクショナル機能”を備える。

【スペック】
プジョー・クーペ407:全長×全幅×全高=4815×1870×1405mm/ホイールベース=2725mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/3リッターV6DOHC24バルブ(210ps/6000rpm、29.5kgm/3750rpm)/価格=549.0万円(テスト車=同じ)

“居心地”がいい……プジョー・クーペ407(FF/6AT)

せ:のっけから、特別感あふれる大型クーペです。クーペってフランス語なんですよね。
コ:そんなん、どうでもええねん。綺麗なクルマやね。Aピラーから続くルーフラインなんか、まるでスーパースポーツカー。
せ:先代「406クーペ」はカロッツェリア「ピニンファリーナ」の作品でしたが、この「クーペ407」はプジョーの社内デザインです。
流麗なのは相変わらずですが、この顔は好き嫌いが分かれるでしょう。
コ:プジョーの現行ラインナップに共通している「フェリーヌ(猫科の猛獣)顔」な。大笑い顔や。エンギがいい。……というのは冗談にしても、イマドキのクーペには、エグいくらいの個性も大事やで。内装も全面革張りで、イイ感じや。じゃ、いってみよう。

せ:エンジンは3リッター。1660kgもあるボディのせいか、外観に比べれば“普通”な印象です。6段ATのティプトロニックモードを駆使すれば、V6サウンドを楽しめますね。
コ:Dレンジだけでいいかと思うけど。
せ:ボディは、ものすごく剛性感ありますね。いわゆるドイツ車風じゃないですか。
コ:ドイツて……プジョーのひとが聞いたら「ビミョー」言うで。でも、固い。ボディ剛性あげるんは、時代の要請なんやろな。同じラテン系の「アルファ・ロメオ」もガッチリしてきてるし。
低速ではソフトな足まわりやけど、「足の裏は柔らかいのに、ヒザがちょっと固い」みたいで、少々揺すられる。
せ:ワインディングロードでは、また全然違う表情を見せます。
コ:「しなやか」という言葉がピッタリ。かなりいいペースで走れる。
せ:4輪それぞれにセンサーがあって、4つのサスを独立して制御しているそうです。

コ:“乗り心地”だけやなくて、“居心地”もええのがこのクルマのウリやろね。
せ:フロントだけじゃなく、リアの2座席も驚くほど大きいんですよ。リアウィンドウとクォーターウィンドウも大きくて開放的だから、2ドアクーペの後席にいるとは思えないほど快適です。
コ:まったく、カッコからは想像できへんよな。外はスポーティ、中はリラックス。仕立てがウマい。なんせ、「クーペ」ってフランス語やからな。知ってた?
せ:……問題は、あまりにスタイリッシュなのでこちらが萎縮してしまうということかも知れません。ある程度、乗り手にも年季が必要でしょうか。
コ:フラッグシップクーペやし、年配の人やないとカッコつけへんかもな。でも、見た目でいうなら30代くらいから幅広く許容するんとちゃう? まぁそんなコトいうとらんと、中味を磨いてチョーダイ。

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=峰昌宏/2006年11月)

・フランス自動車メーカー合同プレス試乗会(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018756.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。