新型スマートのリッターカー化で、アメリカの“リッターカーバトル”開戦必至!

2006.11.13 自動車ニュース

新型スマートのリッターカー化で、アメリカの“リッターカーバトル”開戦必至!

独シュトゥットガルトで公開された新型「スマート」。その心臓部は噂どおり、三菱自工の1リッターユニットだった。
2008年にアメリカ上陸が決定しているこの新しいマイクロカーが、日系メーカーに大きな影響を与えることになるだろう。


【写真上】新型「スマート・フォーツー」
【写真下】欧州で「トヨタ・アイゴ」は1リッター(68ps)ユニットを搭載して販売されている。

■1リッターで「トヨタ・アイゴ」がアメリカに

まず、欧州で販売されているコンパクトカー「トヨタ・アイゴ」のアメリカ導入の真実味が増した。

既に『edmunds.com』をはじめいくつかの米国自動車関連ウェブサイトでスクープニュースが流れているとおり、トヨタはAセグメント・リッターカーの北米導入を検討している。

その候補として挙がっているのが、PSA(プジョー・シトロエン)と共同開発した「プジョー107/シトロエンC1」の兄弟車であるアイゴだ。新型スマートがリッターカーとなることから、導入されるモデルは、欧州仕様同様に最大出力60ps前後のリッターカーとなる可能性が高い。

新型スマートを販売するのは、既報のとおり大手カーディーラー運営会社のユナイテッド・オート社。インディカー/NASCARのチームオーナーとして名高いロジャー・ペンスキー氏が率いる企業である。

実は同社は北米最大のトヨタディーラー、ロンゴ・トヨタチェーンを展開するなど、トヨタとの関係は非常に深い。ペンスキー氏としては、アイゴの販売も引き受けることで、新型スマートとの2本立てリッターカーラインナップを武器に、今後急成長が見込まれる北米Aセグメント販売網の主導権を握るという目論見があるに違いない。


「三菱 i」

■「三菱 i」はスマートと部品共用で1リッター化か?

スマートの影響でもうひとつ考えられるのは、「三菱 i」の北米仕様リッターカー化だ。

三菱自動車の北米法人MMNAでは、北米内テスト走行用/広報活動用として、日本仕様のiを2台日本から輸入している。リポーターが公道試乗したかぎり、日本仕様の軽自動車ユニットでも不満はなかったが、リッターカー化されることで走りに余裕が出ることは当然プラス要素となる。

さらに新型スマートとエンジン+トランスミッションを共用することも、現実的に考えられるだろう。

新しいスマートのリッター化により、北米でのクルマのダウンサイジングの流れは、Bセグメントからさらにひとつ小さくなり、Aセグメントがバトルフィールドとなる。今後、さらに攻防が活発になるだろう。

(文=桃田健史(IPN))

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る