日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

2006.11.13 自動車ニュース

日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

BMWジャパンは、日本向けに特別なデザインを施した「MINI DESIGNER'S CHOICE(デザイナーズチョイス)」を発表。300台限定で、2006年11月11日より予約受付を開始した。


「MINI」のデザイン哲学を紹介する、ヒルデブラント氏。「クルマというのは、ヒトと同じ。五感に訴え、なおかつ“気が合う”と思えることが大事なんです」

■テーマは「エレガント」

「MINI DESIGNER'S CHOICE」は、ミュンヘンのMINIデザインチームが手がけた日本専用の特別仕様車だ。

同チームを率いるディレクター、ゲルト・ヒルデブラント氏によると、「ベントレーやレンジローバーといったプレミアムカー特有の“エレガント”をテーマに、デザイナーがアクセサリーを“チョイス”し、MINIを仕立て直した」というもの。
「自分たちデザイナーが乗りたくなるようなクルマを日本のみなさんに用意することができた」と同氏は胸を張った。


ルーフ全体に大きくあしらわれたオリジナルロゴマークは、400件ものデザイン原案から選んだものという。「パッと見でそうとわからない、MINIのシルエットが“粋”」(ヒルデブラント氏)

ベースとなるのは「MINIクーパー」と「MINIクーパーS」の2車種で、白、黒、クロームの3トーンカラーが持ち味だ。

おなじみのホワイトルーフにシンクロするよう、17インチのホワイトホイール「5スポークブレット」を組み合わせ、ボディカラーはアストロ・ブラック、インテリアはパンサー・ブラックの黒基調で統一。サイドミラーのキャップやフロントグリルには、クロームが輝く。

スペシャルモデルの証が、「MINI DESIGNER'S CHOICE」オリジナルのロゴマーク。ルーフやサイドシルを飾るほか、フロントグリルやグラブボックスに、同じマークの専用バッジが付く。


黒で統一されたインテリア。「MINIクーパー」(写真)がクロスとレザーのコンビシート、「MINIクーパーS」はフルレザーシートになる。

価格は、「MINIクーパー」(CVT)が、総額46.0万円分のオプションを加えながらベース車より31.0万円アップとし、286.0万円。100台限定だ。
いっぽう「MINIクーパーS」(6段AT)は、同じく51.0万円分のオプションに対して28.8万円アップに留め、329.8万円。「ミ、ニ、クー、パー」にちなんだお得な価格設定で、こちらは200台限定だ。納車は2007年1月を予定しているという。

なお、2001年にデビューした現行“BMW MINI”、既にフルモデルチェンジされることが発表されている。

(webCG 関)




MINI:
http://www.mini.jp/

関連キーワード:
MINI 3ドアMINIコンバーチブルMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】 2014.8.28 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記