日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

2006.11.13 自動車ニュース

日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

BMWジャパンは、日本向けに特別なデザインを施した「MINI DESIGNER'S CHOICE(デザイナーズチョイス)」を発表。300台限定で、2006年11月11日より予約受付を開始した。


「MINI」のデザイン哲学を紹介する、ヒルデブラント氏。「クルマというのは、ヒトと同じ。五感に訴え、なおかつ“気が合う”と思えることが大事なんです」

■テーマは「エレガント」

「MINI DESIGNER'S CHOICE」は、ミュンヘンのMINIデザインチームが手がけた日本専用の特別仕様車だ。

同チームを率いるディレクター、ゲルト・ヒルデブラント氏によると、「ベントレーやレンジローバーといったプレミアムカー特有の“エレガント”をテーマに、デザイナーがアクセサリーを“チョイス”し、MINIを仕立て直した」というもの。
「自分たちデザイナーが乗りたくなるようなクルマを日本のみなさんに用意することができた」と同氏は胸を張った。


ルーフ全体に大きくあしらわれたオリジナルロゴマークは、400件ものデザイン原案から選んだものという。「パッと見でそうとわからない、MINIのシルエットが“粋”」(ヒルデブラント氏)

ベースとなるのは「MINIクーパー」と「MINIクーパーS」の2車種で、白、黒、クロームの3トーンカラーが持ち味だ。

おなじみのホワイトルーフにシンクロするよう、17インチのホワイトホイール「5スポークブレット」を組み合わせ、ボディカラーはアストロ・ブラック、インテリアはパンサー・ブラックの黒基調で統一。サイドミラーのキャップやフロントグリルには、クロームが輝く。

スペシャルモデルの証が、「MINI DESIGNER'S CHOICE」オリジナルのロゴマーク。ルーフやサイドシルを飾るほか、フロントグリルやグラブボックスに、同じマークの専用バッジが付く。


黒で統一されたインテリア。「MINIクーパー」(写真)がクロスとレザーのコンビシート、「MINIクーパーS」はフルレザーシートになる。

価格は、「MINIクーパー」(CVT)が、総額46.0万円分のオプションを加えながらベース車より31.0万円アップとし、286.0万円。100台限定だ。
いっぽう「MINIクーパーS」(6段AT)は、同じく51.0万円分のオプションに対して28.8万円アップに留め、329.8万円。「ミ、ニ、クー、パー」にちなんだお得な価格設定で、こちらは200台限定だ。納車は2007年1月を予定しているという。

なお、2001年にデビューした現行“BMW MINI”、既にフルモデルチェンジされることが発表されている。

(webCG 関)




MINI:
http://www.mini.jp/

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジNEW 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
ホームへ戻る