日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

2006.11.13 自動車ニュース

日本専用、スペシャルデザインの「MINI」、300台限定で発売

BMWジャパンは、日本向けに特別なデザインを施した「MINI DESIGNER'S CHOICE(デザイナーズチョイス)」を発表。300台限定で、2006年11月11日より予約受付を開始した。


「MINI」のデザイン哲学を紹介する、ヒルデブラント氏。「クルマというのは、ヒトと同じ。五感に訴え、なおかつ“気が合う”と思えることが大事なんです」

■テーマは「エレガント」

「MINI DESIGNER'S CHOICE」は、ミュンヘンのMINIデザインチームが手がけた日本専用の特別仕様車だ。

同チームを率いるディレクター、ゲルト・ヒルデブラント氏によると、「ベントレーやレンジローバーといったプレミアムカー特有の“エレガント”をテーマに、デザイナーがアクセサリーを“チョイス”し、MINIを仕立て直した」というもの。
「自分たちデザイナーが乗りたくなるようなクルマを日本のみなさんに用意することができた」と同氏は胸を張った。


ルーフ全体に大きくあしらわれたオリジナルロゴマークは、400件ものデザイン原案から選んだものという。「パッと見でそうとわからない、MINIのシルエットが“粋”」(ヒルデブラント氏)

ベースとなるのは「MINIクーパー」と「MINIクーパーS」の2車種で、白、黒、クロームの3トーンカラーが持ち味だ。

おなじみのホワイトルーフにシンクロするよう、17インチのホワイトホイール「5スポークブレット」を組み合わせ、ボディカラーはアストロ・ブラック、インテリアはパンサー・ブラックの黒基調で統一。サイドミラーのキャップやフロントグリルには、クロームが輝く。

スペシャルモデルの証が、「MINI DESIGNER'S CHOICE」オリジナルのロゴマーク。ルーフやサイドシルを飾るほか、フロントグリルやグラブボックスに、同じマークの専用バッジが付く。


黒で統一されたインテリア。「MINIクーパー」(写真)がクロスとレザーのコンビシート、「MINIクーパーS」はフルレザーシートになる。

価格は、「MINIクーパー」(CVT)が、総額46.0万円分のオプションを加えながらベース車より31.0万円アップとし、286.0万円。100台限定だ。
いっぽう「MINIクーパーS」(6段AT)は、同じく51.0万円分のオプションに対して28.8万円アップに留め、329.8万円。「ミ、ニ、クー、パー」にちなんだお得な価格設定で、こちらは200台限定だ。納車は2007年1月を予定しているという。

なお、2001年にデビューした現行“BMW MINI”、既にフルモデルチェンジされることが発表されている。

(webCG 関)




MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る