「メルセデスRクラス」、アクティブヘッドレストなどを追加

2006.11.13 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」、アクティブヘッドレストなどを追加

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのクロスオーバー「Rクラス」の一部を改良し、2006年11月13日に発売した。

全車に、メルセデスの安全コンセプト「PRO-SAFE(プロセーフ)PASSIVE-SAFE機能」のひとつという「NECK PROアクティブヘッドレスト(前席)」を追加。さらに、死角部分を少なくする助手席ドアミラー内蔵のサイドビューカメラや、車庫入れや縦列駐車等後退時の運転操作をサポートするパーキングアシストリアビューカメラを標準装備した。

また装備も見直し、「R350 4MATIC」には従来オプションだった「パークトロニック」と「EASY-PACK自動開閉テールゲート」を標準で与え、「R500 4MATIC」には本革巻きウォールナットウッドステアリングホイールとプライバシーガラス(2、3列目、テールゲート)を盛り込んだ。

価格は、R350 4MATICが754.0万円、R500 4MATICは998.0万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Rクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る