第6回:アフターマーケットでの成功を狙って〜米ビッグ3のビジネス舞台裏〜(前編)(桃田健史)

2006.11.13 エッセイ

第6回:アフターマーケットでの成功を狙って〜米ビッグ3のビジネス舞台裏〜(前編)

ラスベガスのホテル中心街からクルマで5分、SEMA会場となるコンベンションセンター。11月頭のラスベガスは、日中はまだポカポカ陽気だが、朝晩は砂漠気候らしく少しヒンヤリする。
アフター系ショーの必須条件、キャンギャル。彼女はまだお若いほう。他ブースのキャンギャル、30代、40代も結構いる……。これは、往年のアメリカンマッスルカー世代への対応か?

■プレスなのに取材拒否?

「今すぐ、ここから出て行って下さい!」。強面のセキュリティにすごまれた。

ここは、米ネバダ州ラスベガス。毎年11月の恒例イベント、世界最大級の自動車アフターマーケット見本市であるSEMA(Specialty Equipment Market Association)ショーの取材に来た。

問題が発生したのは開催2日目の昼、ラグジィ系大手ホイールメーカーのブースでのことだ。
雑誌掲載用に、まずは手持ちデジカメでパチパチと撮影。そして、タイヤサイズなどをメモしようとカバンからノートを取り出した瞬間、セキュリティが飛んできたのだ。

彼は「商品について、筆記することはお断りします」と言う。私は首からぶら下げたSEMA発行のプレスクレデンシャルを見せて、「いや、私はプレス。取材ですから」とさりげなく言うと、「ですから、商品についてここで書くことは一切できません。写真は構いませんが」と、相手はより強い口調で返してきた。

「あなたの言う意味がよく分かりません。つじつまが合わないので、SEMA事務局に後で聞いてみます」と言った瞬間、相手は「今すぐ、ここから出て行って下さい!」と血相を変えた。

埒(らち)が明かないと思った私は渋々そのブースを出た。するとあのセキュリティは私の後ろ姿を指差し、ブース入り口のキャンギャルに「アイツを、2度とここに入れるな!」と“用心棒”のような捨て台詞を残した。

こうしてつまみ出された私。まるで、間違えて入ってしまった新宿歌舞伎町の非合法な飲み屋から叩き出されたような気分になった。

出たぁー、34インチだぁー! 特に理由なんてなーい。デカきゃ、かっこいいジャーン!

■ついに34インチ! 毎年1インチ大きくなるホイール

事を荒げるつもりはないが、なんとなく気分がスッキリしないので、SEMA事務局に取材に関する制約事項について聞いてみた。
すると「エキシビター(出展者)それぞれの判断に任せています。コピー製品目的で、製品の詳細を描いたり、サイズを測られるのを嫌う傾向が多いですから」。

私は、「いや、それは我々の問題ではなく……」と言いかけたが止めておいた。
“偽装ウェブサイト”や“コーディネーター”を名乗り、無償入場券であるプレスクレデンシャルを申請する米国内外の輸入業者、製造業者が大勢いるのが現実であることを知っているからだ。特に、メチャクチャ儲かる商材であるギンギンギラギラのラグジィ系大径ホイール業界では、パクリ合戦&訴訟合戦が大ブレイク中である。

気を取り直してショー会場に戻ると、さっそく見つけた。
「おー、今年はついに、34インチだぁ!」

ここ10年程、毎年SEMAショーでの名物となったのが、各社が競い合う“毎年1インチずつ大きくなっていくホイール”。日系のYOKOHAMA、TOYO、NITTOや、韓国系のKUMHOなどの米国市場後発タイヤメーカーは、価格が高くても一部の熱狂的な層に着実に売れる超扁平タイヤ(扁平率20〜35)に注力し、ラグジィ系ホイールメーカーとタッグを組んでビジネスを拡大させている。

フォードの純正アフターパーツ。ホイールの最上段が20インチだ。フォードでも今後、22インチが出る模様。
プラットフォームを一新し、ハンドリングが格段にアップした「シボレー・タホ」。当然ショーカーはメーカーオプションのエアロ、ホイールなどをフル装備する。

■最後のオイシイ商売

こうした流れに、米ビッグ3も相乗りしようと必死だ。
4、5年程前まで、SEMAショーでGM、フォード、ダイムラー・クライスラーのアフターパーツ関係者を取材すると、「走行性能に支障を及ぼしますから。SUVでも20インチなんてあり得ませんヨ」と言っていた。

しかし今では、メーカーオプションで20インチはあたりまえ。今回、GMのアフターパーツ関係者に聞くと、「現在、22インチ導入の準備をしています。アフターメーカーがドンドンサイズアップしていきますから、私たちも当然そのトレンドを追うことになります」とアッサリしたコメントだ。

当然、安全基準についてのテストは十分行っているのだろうが、“見た目重視で、短絡的に大きさ追求”を自動車メーカー側が後追いするのはいかがなものだろうか。
とはいえ、ビッグ3のメーカーオプションのホイールは、社外ラグジィ系ホイールと見比べるとはっきり言って地味だ。そこには、「自動車メーカーとしての良心=PL(製造者責任法)へのビビリ」が見え隠れしているのだ。

ガソリン高騰→ダウンサイジング→日系の小中型車の活況→デッカイアメ車が売れない、との構図が鮮明になった昨今。ビッグ3のカーディーラーにとって、ホイール、ルーフラック、ベッドライナー(ピックアップトラックの荷台用の下敷き)など、メーカーオプションパーツは、最後に残されたオイシイ商売なのだ。

今後、メーカーオプションはどこまで大きくなるというのか。ホイールの大きさがドンドン膨らんでいく様子は、まるで経済バブルの風船がムクムクと膨らんでいるように見えてならない。(つづく)

(文=桃田健史(IPN)/2006年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。