【スペック】北米仕様:全長×全幅×全高=4680×1872×1645mm/ホイールベース=2750mm/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(244ps/5000rpm、35.7kgm/2500rpm)

マツダCX-7(FF/6AT)【海外試乗記】

スポーツクロスオーバーの意味するところ 2006.11.11 試乗記 マツダCX-7(FF/6AT)日本でも予約受付が開始された、マツダのニューモデル「CX-7」。既に2006年5月には北米でリリースされている北米戦略車第1弾だ。スポーツカーとSUVをクロスオーバーさせた新型の印象をロサンゼルスからリポート。

北米戦略車第1弾

「スポーティ」と「エレガント」、それに「ダイナミック」。ニューモデルが発売されるたびに、そのクルマのキャッチフレーズとして多用される形容詞御三家だ。なかでも「スポーティ」は、軽自動車から大型高級サルーンまで、それこそジャンルを問わず猫も杓子も使いまわす。おかげで、新鮮味が消えてしまったうえに、本当はどんなものを指すのか曖昧になってしまった代表的な言葉だろう。

それでも各メーカーは苦心しながら“スポーティ”な新型車を作らなければいけない。普段とは違った行為や表現によって心を遊ばせるという、要するに「ハレの場」に身を置くという言葉本来の意味を考えれば、スポーティであることはクルマの大事な本質として欠かせないものだからだ。

「ZOOM、ZOOM」という耳に残る軽快なリズムに乗って近頃好調のマツダは、すっかりミニバンメーカーとなった観のあるホンダを凌いで、今一番スポーティな日本ブランドと見られているらしい。その彼らの最新作が“スポーツクロスオーバー”というちょっとややこしいキャッチフレーズを掲げる都会派SUVの「CX-7」だ。

この夏にまず北米で発売したところ、折からの燃料高騰・大型車離れの追い風も受けて人気集中という。燃費に無頓着だったアメリカ人でも、さすがにかつての値段の3倍にも及んだ今年のガソリン急騰はこたえたらしく、試乗会が行われたロサンゼルス近郊での「トヨタ・プリウス」の増殖ぶりは誰の目にも明らかだった。
最近はガソリン価格も落ち着いてきたが、昔どおりのV8一辺倒に戻ることはなさそう。手ごろなサイズのSUVは今後も注目されるジャンルと言っていい。日本でもこの年末には発売されるというCX-7は、当然それを見据えたニューモデルである。

マツダらしいスポーティさ

巨大で重い4WDモデルにSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)という名をアメリカ人がつけたことがそもそも混乱の元だったのかもしれないが、このCX-7(4WDもあるが試乗したのはFFモデル)はいかにもマツダらしいスポーティさを確かに感じさせた。
といってもここでのスポーティとは、ゼロヨン加速が14秒台であるとか、地面に貼りつくようにコーナーを駆け抜けることを指すのではない。

パワートレーンは、「MPV」同様の2.3リッター直噴ガソリンターボ(米国仕様で244hpと約35.7kgm)に6ATを組み合わせたものを流用しているから十分にパワフル。しかし、それよりも普通の流れに乗って走っている時に、ちょっと踏み増したアクセルにすかさずクッと反応するエンジン、手応えが確かで切り始めがキビキビしたステアリングなど、操作に対するタイトでダイレクトな反応の気持ち良さがスポーティなのだ。

硬めの乗り心地を含めて全体的に引き締まった、ちょっとやんちゃな感じがマツダらしい。
無論、その形も見逃せない。実際には4.7メートル級でボディサイズは「トヨタ・ハリアー」と同じぐらいだが、「RX-8」や「アテンザ」を思い出させるぐっと踏ん張った感じのフェンダーが逞しく、それに比べてグリーンハウスがコンパクトなデザインのおかげで引き締まって見えるのだ。ダブついて見えないこともスポーティさの演出ではきわめて重要である。



個性が活かされている

惜しいのは、ちょっとザラついたエンジンのフィーリングや、シフトショックがやや大きめな6ATの変速マナーなど。またこれもマツダっぽいところ。加えて言うと山道を飛ばすと最後のほうでズルズルッとわずかにフロントから軌跡が膨らむといった、SUVにありがちな立ち居振舞いも指摘できるが、18インチのオールシーズンタイヤを履いたSUVとしては黙認すべき些細な点だろう。

目を吊り上げて飛ばした場合のことよりも、日常走行におけるスポーティさを重視するのは、できそうでなかなかできないこと。その点、マツダは自分たちの個性をしっかり理解しCX-7に表現していると感じさせられた。

(文=NAVI編集長 高平高輝/写真=CG小河原認/2006年11月)

あなたにおすすめの記事