フィアット復活物語 第13章「エントリーカーから背高セダン、大型車まで---そそられる日本未導入車あります」(大矢アキオ)

2006.11.11 エッセイ

第13章:「エントリーカーから背高セダン、大型車まで---そそられる日本未導入車あります」

セイチェント。これは50周年の昨年から販売されている特別仕様車。
セイチェント。これは50周年の昨年から販売されている特別仕様車。
イデア。姉妹車としてランチア・ムーザがある。
イデア。姉妹車としてランチア・ムーザがある。

■イタリア車はワインと同じ

日本のワインショップを訪ねて驚くのは、イタリア人でもなかなか味わうことのできない高級ワインが売られていることだ。それもイタリア半島津々浦々の名品がズラリと並んでいる。地ワイン以外あまり飲まないイタリアでは、考えられないことである。

いっぽうで、日頃わが家の食卓に上がるような「安くても味はそこそこ」のワインは、絶対お目にかかれない。日本という国は、本当に厳選された品だけが売られているんだなー、と驚いてしまう。

実はフィアット車も同じである。ワイン以上に失敗が許されない商品であるからして、インポーターも輸入車種を慎重に選んでいることは容易に想像できるが、実は日本未導入車にも面白いものが数々ある。

今回は、そうした日本ではお目にかかれない、欧州市場におけるフィアット・モデルを紹介しよう。
フィアット復活の主役としてグランデプントやパンダばかりにスポットが当たる今日このごろだが、こうした脇役たちもいるのである。

■ぜひ日本にも導入してほしいモデル

まずは、現行フィアット中ボトムレインジを受け持つ「セイチェント」だ。1998年のデビューだが、ベースは91年に登場してコンペティション入門用としても好評を博した「チンクエチェント」である。両車の差は、いわばヤクルトとヤクルト・ジョワの違い?といったところか。新型パンダと同じポーランドの工場で造られている。

次は「イデア」である。メルセデスAクラスから始まった背高セダン・ブームの流れを受けて、2004年に登場した。その居住性から、ミラノなどの大都市では近年タクシーとしてもよく見かける。

いまいちだったスティーロ。
いまいちだったスティーロ。
アンチ・カングーとして誕生したドブロ。
アンチ・カングーとして誕生したドブロ。

「スティーロ」というモデルもある。こちらはプントのワンクラス上のクルマで、従来の「ブラーヴォ(日本名ブラビッシモ)/ブラーヴァ」にかわるモデルとして2001年に登場した。
ただし、力感はあるもののイタリア性が感じられないスタイリングや初期モデルの品質の低さが祟ってしまったため販売に苦戦した。一時イタリアのフィアット大型販売店には、大幅にディスカウントされたスティーロがズラッと並んでいるのがよく見られたものだ。

アンチ・ルノー・カングーとして奮闘中なのは「ドブロ」。トルコ工場で造られている。ニューモデルのときイタリアでは、ジャマイカ・ボブスレーチームの面々がイメージキャラクターを務めた。だが、あまりにいかつい顔が不評だったようで、少し前のビッグマイナーチェンジで、もう少し大人しい表情に改められた。

現行「クロマ」は、昨年のジュネーブショーでデビューした久々のビッグ・フィアットである。ステーションワゴンのみという奇抜な車種構成で、トリノ五輪のオフィシャルカーとしても大量に導入された。イタリアのワゴン市場で、アウディA4アバントなど相手に健闘している。

最新ニュースとしては、10月26日に概要が発表された新型ブラーヴォがある。来年1月末に発表されるこのクルマは、前述のスティーロの後継車となる。デザインは、チェントロスティーレ(スタイリングセンター)フィアットによるものと発表されている。

なおプラットフォームは、1年遅れで登場する新型ランチア・デルタにも流用されるといわれている。エンジンはディーゼルが1.9リッター 120cv、同150cv、1.4リッター90cvの3種が用意される。

ただしガソリン仕様も手を抜いてはいない。「T-JET」と呼ばれる新開発の低燃費1.4リッター・ターボ120/150cvが搭載される。相変わらず過熱するディーゼル人気に一石を投じられるか、今から気になるところだ。スタイリッシュなだけに、ぜひ日本にも導入してほしいものである。

かくもフィアットは、実は未導入車種にも、そそられるクルマが存在する。

トップ・オブ・フィアットであるクロマ。
トップ・オブ・フィアットであるクロマ。
来年登場する新ブラーヴォ。日本にも導入してほしいところ。
来年登場する新ブラーヴォ。日本にも導入してほしいところ。

■素のイタリアにも注目せよ

さて先日東京滞在中、ふとコンビニ弁当が懐かしくなった。そこでロー○ンに入ったら、「フェラーリ軌跡のF1フィギュア」というポスターが目に入った。

対象の缶コーヒーを買うと、もれなくホットホイールズ製のF1ミニチュアカーが付いてくるという企画らしい。缶が2本セットになっていて、それを繋ぐかたちでケースが付いている。ちょっと前に流行った、いわゆる食玩の続編である。

驚くべきはラインナップだった。7台あるコレクションのうち、最新は2003年の「F2003-GA」だが、古いほうは1951年の「375F1」とか、1964年「158F1」なのである。

コンビニ企画にしては、妙にエンスー度が高い。好みのクルマが当たるまでコンビニに通い詰めるような『SUPER CG』読者が、どれだけこの世にいるだろうか、と思わず余計な心配をしてしまう。

ともかく、フェラーリといえば何でも商品になってしまうところが、やはり日本だなあ、と思った次第だ。
その勢いで、“素(す)のイタリア”であるフィアットもより注目されるようになれば、日本の欧州車趣味も本物だと思う。

(文=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/写真=フィアット/2006年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。