【スペック】全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm/ホイールベース=3048mm/車重=1840kg/駆動方式=FR/5.7リッターV8 OHV16バルブ(340ps/5000rpm、53.6kgm/4000rpm)

クライスラー300C 5.7V8(5AT)【海外試乗記(前編)】

価値あるクライスラー(前編) 2004.06.01 試乗記 クライスラー300C 5.7V8(5AT)ちょっと前にはやった言葉を使うなら、ダイムラーとクライスラーの「シナジー効果」が実体としてあらわれた第2の例が、「クライスラー300C」。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が、南仏で乗った!

誰もが認めるいいクルマ

この仕事をやっていてうれしいことのひとつは、予想外にいいクルマに巡り会えたときである。別に自分の会社がつくっているわけでも、自分で買うわけでもないのだから、乗ったクルマがよかったからって個人的に喜んでどうするんだ、といえばそれまでだが、やはりネがクルマ好きだから、基本的には単純で、いいクルマに乗ると、何となくホッとするだけでなく、いい時間を過ごせた、得をしたという気持ちが残る。

そんな観点から、今年2004年4月末にフランス、プロバンス地方で乗った「クライスラー300C」はアタリだった。
試乗会に参加した日本のプレス、10人弱が全員揃って「これはいい!」と発言したが、こんなことは滅多にない。普通は皆、一応は何となく批判的なことを指摘してから、やっと本心を述べるものだが、今回だけは口を揃えて「いいクルマ」と絶賛したのである。

日本に帰って、別件でカリフォルニアの友人にメールを送り、その最後にクライスラー300Cのことを触れたら、彼からはこんな返事が返ってきた。「300Cはアメリカでも大好評で、最初のロットは売り切ったとのことです」。そして最新の『CAR GRAPHIC』を開いたら、巻頭のコラムでジョン・ラムも誉めていた。いいクルマは誰にでも理解されるものなのだ。

高性能クライスラーの末裔

クライスラー300Cは、昨2003年4月のニューヨークショーで発表、9月のフランクフルトショーでそのワゴン版というべき「ツーリング」が追加され、2004年の春からまずアメリカを手始めに販売が開始された。

これは1955年の「クライスラー300」に始まり、65年の「300L」まで続いたクライスラー社のハイパフォーマンス大型セダンの伝統を甦らせるべく企画されたクルマである。実は同社は98年に、当時のアッパーミドルたる「LH」をもとに「300M」なるモデルをつくったが、もとが前輪駆動ベースだったし、普通のV6だったから、高性能サルーンの伝統を受け継ぐにはちょっと力が足らなかった。しかも300Mの試乗会が行われたまさにその日、クライスラーとダイムラーが合併するという事件が起こり、そのビッグニュースとともにMの姿も霞んでしまった。

今回のCは、この合併後にクライスラーとダイムラーが共同で開発したモデルであり、ごく乱暴にいってしまうとクライスラー伝統のエンジンを、先代「メルセデスベンツEクラス」の足まわりに組み付け、トレバー・クリード率いるデザインチームの、ややノスタルジックな味わいとマッチョな感覚をミックスした、最新のクライスラールックのボディを載せたクルマということになる。
興味深いのは、「クロスファイア」と並んで、単にアメリカだけではなく、ヨーロッパ市場や日本など、国際マーケットも狙っていることで、今回試乗したヨーロッパ版は、北米仕様より足まわりが強化されている。





気筒休止システムの採用

3048mmというたっぷりしたホイールベースの上のボディは4999×1881×1483mmと、昔でいえばインターミディエートだが、現在のアメリカでは立派なフルサイズ。そのスタイリングの押し出しは強い。かつてのクライスラー上級車の伝統をそのまま活かしたエッグクレート・グリルをドーンと出し、鋭い眼光のライトがそれを守る。

サイドショルダーは高く、一方でルーフは薄いから、横から見ると昔のアメリカン・カスタムカーかチョップドルーフ的だ。もちろんそれはデザイナーの狙いで、18インチという比較的径が大きなホイールやそれを囲むアーチもまた、力強いイメージを出そうというもの。まさに新しいアメリカ車像への挑戦意欲がうかがえる。(後編につづく)

(文=大川悠/写真=ダイムラークライスラー/2004年6月)

クライスラー300C 5.7V8(5AT)【海外試乗記(後編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 「クライスラー300S」にラグジュアリーな限定車 2016.9.12 自動車ニュース FCAジャパンは2016年9月12日、「300S」の20台限定モデル「クライスラー300Sアロイエディション」を発表し、販売を開始した。専用フロアマットやアルミホイールなど、内外装に特別装備が装着されている。
  • クライスラー300がマイナーチェンジ 2015.10.6 自動車ニュース FCAジャパンが4ドアセダンの「クライスラー300」をマイナーチェンジ。内外装の一部のデザインを変更し、ダイヤル式のシフトセレクターを全車に採用した。装備の強化も図っており、前走車追従機能付きクルーズコントロールや車線逸脱防止機能が標準採用とした。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
ホームへ戻る