【スペック】全長×全幅×全高=4999×1881×1483mm/ホイールベース=3048mm/車重=1840kg/駆動方式=FR/5.7リッターV8 OHV16バルブ(340ps/5000rpm、53.6kgm/4000rpm)

クライスラー300C 5.7V8(5AT)【海外試乗記(前編)】

価値あるクライスラー(前編) 2004.06.01 試乗記 クライスラー300C 5.7V8(5AT)ちょっと前にはやった言葉を使うなら、ダイムラーとクライスラーの「シナジー効果」が実体としてあらわれた第2の例が、「クライスラー300C」。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が、南仏で乗った!

誰もが認めるいいクルマ

この仕事をやっていてうれしいことのひとつは、予想外にいいクルマに巡り会えたときである。別に自分の会社がつくっているわけでも、自分で買うわけでもないのだから、乗ったクルマがよかったからって個人的に喜んでどうするんだ、といえばそれまでだが、やはりネがクルマ好きだから、基本的には単純で、いいクルマに乗ると、何となくホッとするだけでなく、いい時間を過ごせた、得をしたという気持ちが残る。

そんな観点から、今年2004年4月末にフランス、プロバンス地方で乗った「クライスラー300C」はアタリだった。
試乗会に参加した日本のプレス、10人弱が全員揃って「これはいい!」と発言したが、こんなことは滅多にない。普通は皆、一応は何となく批判的なことを指摘してから、やっと本心を述べるものだが、今回だけは口を揃えて「いいクルマ」と絶賛したのである。

日本に帰って、別件でカリフォルニアの友人にメールを送り、その最後にクライスラー300Cのことを触れたら、彼からはこんな返事が返ってきた。「300Cはアメリカでも大好評で、最初のロットは売り切ったとのことです」。そして最新の『CAR GRAPHIC』を開いたら、巻頭のコラムでジョン・ラムも誉めていた。いいクルマは誰にでも理解されるものなのだ。

高性能クライスラーの末裔

クライスラー300Cは、昨2003年4月のニューヨークショーで発表、9月のフランクフルトショーでそのワゴン版というべき「ツーリング」が追加され、2004年の春からまずアメリカを手始めに販売が開始された。

これは1955年の「クライスラー300」に始まり、65年の「300L」まで続いたクライスラー社のハイパフォーマンス大型セダンの伝統を甦らせるべく企画されたクルマである。実は同社は98年に、当時のアッパーミドルたる「LH」をもとに「300M」なるモデルをつくったが、もとが前輪駆動ベースだったし、普通のV6だったから、高性能サルーンの伝統を受け継ぐにはちょっと力が足らなかった。しかも300Mの試乗会が行われたまさにその日、クライスラーとダイムラーが合併するという事件が起こり、そのビッグニュースとともにMの姿も霞んでしまった。

今回のCは、この合併後にクライスラーとダイムラーが共同で開発したモデルであり、ごく乱暴にいってしまうとクライスラー伝統のエンジンを、先代「メルセデスベンツEクラス」の足まわりに組み付け、トレバー・クリード率いるデザインチームの、ややノスタルジックな味わいとマッチョな感覚をミックスした、最新のクライスラールックのボディを載せたクルマということになる。
興味深いのは、「クロスファイア」と並んで、単にアメリカだけではなく、ヨーロッパ市場や日本など、国際マーケットも狙っていることで、今回試乗したヨーロッパ版は、北米仕様より足まわりが強化されている。





気筒休止システムの採用

3048mmというたっぷりしたホイールベースの上のボディは4999×1881×1483mmと、昔でいえばインターミディエートだが、現在のアメリカでは立派なフルサイズ。そのスタイリングの押し出しは強い。かつてのクライスラー上級車の伝統をそのまま活かしたエッグクレート・グリルをドーンと出し、鋭い眼光のライトがそれを守る。

サイドショルダーは高く、一方でルーフは薄いから、横から見ると昔のアメリカン・カスタムカーかチョップドルーフ的だ。もちろんそれはデザイナーの狙いで、18インチという比較的径が大きなホイールやそれを囲むアーチもまた、力強いイメージを出そうというもの。まさに新しいアメリカ車像への挑戦意欲がうかがえる。(後編につづく)

(文=大川悠/写真=ダイムラークライスラー/2004年6月)

クライスラー300C 5.7V8(5AT)【海外試乗記(後編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • クライスラー300 SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2013.2.26 試乗記 クライスラー300 SRT8(RWD/5AT)
    ……653万円

    一見「薄味」。しかしフィアットの指揮のもとで進化した「300 SRT8」は、欧州勢に引けを取らない洗練を手にしていた。あらためて、クルマは乗らなきゃわからない。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • BMWの創立100周年を記念する「6シリーズ グランクーペ」限定発売 2016.11.8 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月8日、「6シリーズ グランクーペ」の特別仕様車「640iグランクーペ Celebration Edition“Exclusive Sport”(セレブレーションエディション エクスクルーシブスポーツ)」を発表した。同年11月19日に33台限定で発売する。
ホームへ戻る