320psボクサー、サーキット走行向け限定車「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」

2006.11.08 自動車ニュース

320psボクサー、サーキット走行向け限定車「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スポーツ走行を念頭において開発した「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」を、2006年11月15日に発売する。

 

「インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」は、そもそもがモータースポーツ向けのベース車「WRX STI spec C」をさらに強力にしたモデルだ。

ブレンボ社製の専用モノブロック対向6ポットフロントブレーキキャリパー、専用グルーブドローター、専用の減衰力特性を持つストラット、強化スプリング、18インチ8.5JJアルミホイールなどでシャシーを強化した。

エンジンは、最高出力、最大トルクともアップ。320psと44.0kgmというアウトプットは、ベースのプラス40ps&1.0kgmだ。
さらに専用の大型ツインスクロールターボ、スポーツキャタライザー、スポーツECU、低背圧マフラーなどを盛り込み、低回転域から高回転域までの出力特性に磨きをかけた。トランスミッションは6段マニュアルである。

また、フロントロアアームバーを採用し、フロントフロア部の剛性、限界時のタイヤ接地性を向上、車体姿勢を15mm下げた専用強化スプリングを採用し旋回性能を向上、タイヤを専用のブリヂストン社製「POTENZA RE070」とするなど、枚挙に暇がないほどチューニングが施された。

300台限定の受注生産モデルとなり、価格は428.4万円となる。

(webCG 有吉)

 

スバルテクニカインターナショナル
「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」:
http://www.subaru-sti.co.jp/ra-r/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る