320psボクサー、サーキット走行向け限定車「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」

2006.11.08 自動車ニュース

320psボクサー、サーキット走行向け限定車「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スポーツ走行を念頭において開発した「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」を、2006年11月15日に発売する。

 

「インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」は、そもそもがモータースポーツ向けのベース車「WRX STI spec C」をさらに強力にしたモデルだ。

ブレンボ社製の専用モノブロック対向6ポットフロントブレーキキャリパー、専用グルーブドローター、専用の減衰力特性を持つストラット、強化スプリング、18インチ8.5JJアルミホイールなどでシャシーを強化した。

エンジンは、最高出力、最大トルクともアップ。320psと44.0kgmというアウトプットは、ベースのプラス40ps&1.0kgmだ。
さらに専用の大型ツインスクロールターボ、スポーツキャタライザー、スポーツECU、低背圧マフラーなどを盛り込み、低回転域から高回転域までの出力特性に磨きをかけた。トランスミッションは6段マニュアルである。

また、フロントロアアームバーを採用し、フロントフロア部の剛性、限界時のタイヤ接地性を向上、車体姿勢を15mm下げた専用強化スプリングを採用し旋回性能を向上、タイヤを専用のブリヂストン社製「POTENZA RE070」とするなど、枚挙に暇がないほどチューニングが施された。

300台限定の受注生産モデルとなり、価格は428.4万円となる。

(webCG 有吉)

 

スバルテクニカインターナショナル
「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」:
http://www.subaru-sti.co.jp/ra-r/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る