【スペック】150X“Mパッケージ”:全長×全幅×全高=4220×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.3kgm/4400rpm)/価格=171万1500円(テスト車=225万6450円)

トヨタ・オーリス150X“Mパッケージ”(FF/CVT)/180G“Sパッケージ”(FF/CVT)【試乗速報】

カローラを脱いだ国際派 2006.11.07 試乗記 トヨタ・オーリス150X“Mパッケージ”(FF/CVT)/180G“Sパッケージ”(FF/CVT)……225万6450円/267万5400円2006年10月23日、トヨタの5ドアハッチバック「オーリス」が発売された。「アレックス」の後継車なだけに、カローラの兄弟車と思われがちだが、それは明らかに違う新しいモデルだった。ニューモデルの印象を報告する。
180G“Sパッケージ”の内装

180G“Sパッケージ”の内装
【テスト車150X“Mパッケージ”のオプション】
HDDナビゲーションシステム+本革巻き3本スポークステアリングホイール&シフトノブ+ステアリングスイッチ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター=34万6500円/前席SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ+VSC&TRC=12万6000円/ディスチャージプロジェクターヘッドランプ=5万7750円/ETCユニット=1万4700円

【テスト車150X“Mパッケージ”のオプション】HDDナビゲーションシステム+本革巻き3本スポークステアリングホイール&シフトノブ+ステアリングスイッチ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター=34万6500円/前席SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ+VSC&TRC=12万6000円/ディスチャージプロジェクターヘッドランプ=5万7750円/ETCユニット=1万4700円

もうカローラじゃない!

オーリスの主要諸元表を眺めると、2600mmのホイールベースをはじめ、フロント:マクファーソンストラット式コイルスプリング、リア:トーションビーム式コイルスプリングのサスペンション、そして1.5リッターと1.8リッターのエンジンラインナップなど、ほぼ同時期に発売された新型「カローラ・アクシオ/フィールダー」と類似する部分が多いことがわかる。
さらに、ネッツ店で販売されてきた「アレックス」の後継車ということから、私はてっきりこのオーリスは新型カローラの兄弟車と思っていた。

ところが、試乗会の席でシャシー担当エンジニアに話を聞くと、それがまるで的外れということがわかった。このオーリスは、「VWゴルフ」に代表されるヨーロッパのCセグメント市場に本格参入するために日本の5ナンバー枠にとらわれずに開発が進められたモデルであり、たとえばプラットフォームは新型カローラとは別に4年前から開発がスタートした新しいものだったのだ。

確かにカローラとオーリスを詳しく比べてみると、オーリスのトレッドがよりワイドになっていたり、リアのサスペンションのスプリングとダンパーが別体になっていたりと、その違いに気づく。ブレーキも4輪ディスクとなり、ヨーロッパの“あたりまえ”が標準装備になった。

狙いすぎた!?デザイン

初対面のオーリス、その第一印象は“でかヴィッツ”。フロントマスクやボンネットの処理が似ているためか、あまりクルマに詳しくない人は「ヴィッツ」と間違えそうな雰囲気なのだ。一方、サイドビューはヴィッツとは明らかに違う伸びのあるルーフラインが特徴で、それはオーリス流というよりは“ゴルフ的”というほうが正しいかもしれない。

インテリアはかなり個性的で、なかでもセンタークラスターからセンターコンソールまでがブリッジのように宙に浮くデザインに驚かされる。シフトレバーがドライバーに近づいたおかげで、その操作性が格段によくなったのはいいが、パーキングブレーキはレバートップのボタンが押しにくく、こちらの操作性はいまひとつ。オーリスらしさを出したいという気持ちはよくわかるが、ちょっとやりすぎという感じもある。

ハッチバックといえば、その機能性も注目される部分である。ヨーロッパのライバル同様、後席を倒すことができるのは当然で、このオーリスでは後席のクッションを沈み込ませながら背もたれを倒すことにより、ほぼフラットなラゲッジスペースが得られる。後席のスペースも十分に広く、リクライニング可能なところもうれしい点だ。



【スペック】
180G“Sパッケージ”:全長×全幅×全高=4220×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1280kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、17.8kgm/4400rpm)/価格=208万9500円(テスト車=267万5400円/前席SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ+VSC&TRC=12万6000円/HDDナビゲーションシステム+ステアリングスイッチ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター=31万9200円/チルト&スライド式電動ムーンルーフ=/9万4500円/リアフォグランプ+寒冷地仕様=3万1500円/ETCユニット=1万4700円)

そつなく走る優等生だが

デザインやユーティリティをひととおりチェックしたところでさっそく試乗。まずは1.8リッターエンジンを搭載する前輪駆動の「180G“Sパッケージ”」の運転席に陣取った。例によって左手でスタートボタンを押し、ゲート式のシフトレバーを操作して発進である。

ヨーロッパ市場を狙っているだけに、乗り心地はやや硬めなのだが、硬すぎず、日本で乗るにも十分な快適さが確保されていることにまずはひと安心。電動パワステはギア比がクイックで多少重さはあるが、不自然さはない。しばらく走ると、ボディの剛性感やハーシュネスの遮断性などの部分で、新型カローラを上回っていることを実感。高速道路の直進安定性やフラット感もワンランク上だ。なるほど、新プラットフォームの実力はなかなかのものだ。

1.8リッターの直列4気筒エンジンは、最高出力136ps/最大トルク17.8kgmとスペックに派手さはないものの、1280kgのボディには十分の実力。後で試乗した1.5リッターでも不満はなかったが、静粛性や余裕の面で1.8リッターにアドバンテージが感じられた。
その1.5リッターモデルの「150X」は、電動パワステのギア比をクイックにしていないこともあって、より自然なフィーリングをもたらし、乗り心地も多少マイルドに思えた。

いずれのモデルもそつのない走りが自慢の優等生、という印象である。そして、日本で乗るなら1.5リッターで不満はないだろう。ただ、ライバルを越える部分を見出しにくいのがツライところで、価格以外の部分でもっとアピールできるポイントがほしいオーリスである。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2006年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る