スズキの軽「セルボ」、8年ぶりに復活

2006.11.07 自動車ニュース

スズキの軽「セルボ」、8年ぶりに復活

スズキは、新しい軽モデルで「セルボ」の名を復活させ、2006年11月7日に発売した。




■「スタイリッシュでスポーティ」な軽

「セルボ」といえば、1977年に初代がデビュー、4代目「セルボモード」を最後に、1998年10月の軽規格改正と同時に一度は消滅した名前だ。

今回、8年ぶりに復活した新型“5代目”セルボは、「アルト」や「ワゴンR」ほどベーシックに振れず、箱型トールワゴンでもなく、「MRワゴン」や「ラパン」ほど“カワイイ”に徹していない、「スタイリッシュでスポーティ」(プレスリリース)なモデルというポジション。規格に縛られている軽、バリエーションを増やし、少しでも多くの顧客の心をつかみたい。

ワゴンRなどのプラットフォームをベースに、既に実績のある「K6A型」の直3NAorターボと、4段ATを搭載。FFに加え4WDも揃える。価格は、103万7400円から137万5500円まで。月の目標販売台数を5000台に設定、売れ筋「ムーヴ」を一新したダイハツに一矢報いたい。


S字のインパネがインテリアの特徴。

■「夜景」テーマのカラーリング

新型セルボの外観デザインは、前後に丸みをつけつつ、切れ上がるサイドラインやフロントランプでシャープさを出し、メリハリをつけているのが特徴だ。
ボディカラーは「夜景」をテーマとした7色。「ビーナスゴールドメタリック」こと金、「ジュエルパープルパールメタリック」こと紫などを設定するあたりに顧客ターゲットの顔が見えなくもない。

サイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1535-1545mm、ホイールベース=2360mmと、多くの立体駐車場で入庫可能な高さとした。


後席は分割可倒式。ちなみに天井はイヤなニオイを吸着して分解する消臭天井とか。

インテリアは、黒基調で落ち着いた感じ。乗員を包み込むようにラウンドした空間がセリングポイントだ。インパネは微妙に波をつけたS字型で、重なり合ったやわらかい葉(リーフ)をイメージして開発したというシボ(シワ)が配される。前席はセミバケットシートとしスポーティさを演出した。

0.66リッターのNAは54ps、6.4kgm、インタークーラー付きターボは60ps、8.5kgmを発生。いずれもシフターを前後することでマニュアル感覚の操作ができる4段ATを組み合わせる。


リッド付きインパネボックス(写真)など、収納スペースを各所に配置。

前マクファーソンストラット式、後ITL(アイソレーテッド・トレーリング・リンク=左右のトレーリングリンクを結んだもの)式のサスペンションは最適化が図られ、ステアリングギア比はクイックに振るなど、ファインチューニングもなされたという。

装備面では、各所に設けられた収納スペースに加え、Bluetooth対応ハンズフリーシステムを採用。機種が対応していれば携帯電話でワイヤレス通話ができるというのがポイントだ。

(webCG 有吉)


トランクルームの床部分に消音材を貼り、ロードノイズを低減したという。

スズキ「セルボ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/cervo/


エンジンはNAとターボの2種類。




この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セルボの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る