新型「GT-R」、気になるお値段をアメリカでのライバルからズバリ予測!

2006.11.03 自動車ニュース

新型「GT-R」、気になるお値段をアメリカでのライバルからズバリ予測!

2007年10月の東京モーターショーで量産型がお披露目されるという新型「日産GT-R」。搭載ユニットについて、日本の自動車専門各誌では、「3.7リッターV6+ツインターボで本決まり。最高出力は400ps以上!」と、まことしやかに報じられている。

こうした日本発の情報は英語ウェブサイト上にも溢れており、GT-R史上初の北米正式販売を待ち望むアメリカ人たちの気持ちを高揚させている。

■「GT-R」、認知度100%

筆者はここ数ヶ月、マスタング、ニッサンZ、ポルシェ、コルベット、フェラーリなど、アメリカ各地で開催されるユーザー参加イベントを取材し、ことあるごとに「GT-Rを知っていますか?」「GT-Rをどう思いますか?」「GT-Rのアメリカでのライバルは?」「GT-R、いくらだったら買いますか?」と、質問を投げかけた。

ザックリとその結果をまとめると、ほぼ100%のひとがGT-Rを知っていた。そして、GT-Rの凄さを認めるひとも多かった。

ライバル車としてもっとも多く挙げられたのが、ポルシェ。モデルについては、「911ターボ」「同カレラ4」「ケイマンS」など様々な意見があった。つまりは、ターボ、AWD、価格など様々な点でポルシェと比較した結果であろう。

事実、独ニュルブルクリンク・テストでのスパイフォトでは、新型GT-Rプロトと行動をともにする比較車両のポルシェターボの姿がクッキリと映し出されている。

■現実的なライバルはコルベット!

だが、新型GT-R生産台数の大部分がアメリカ市場に流れることを考えると、新型GT-Rには販売戦略上、ポルシェよりも現実的なライバルがいるべきだ。

「それが、コルベットZ06だ!」。同車にとっても技術的なライバルはポルシェターボだが、500ps/7リッターV8のアメリカンな大迫力とリーズナブルな価格設定がスポーツカー好きに魅力的にうつる。そのお値段は、7万〜7万3000ドル(約840〜876万円)。つまり、これが新型GT-R販売価格のベンチマークとなる。

2006年1月北米自動車ショー(通称デトロイトショー)において、新型GT-Rはアメリカで、高級ブランド「インフィニティ」ではなくGT-Rの伝統ブランド「ニッサン」で販売されることが発表された。そのため、インフィニティ車たちとの直接的な価格バランスを考慮することもない。

こうした状況を踏まえ、大胆にも新型GT-Rの販売価格(MSRP:Manufacture Suggested Retail Price/メーカー希望小売価格)を予想してみよう。

筆者はズバリ6万4000ドル(約768万円)と推測する。さらに、ライバルであるコルベットZ06の現状販売台数から見て、新型GT-Rのアメリカ市場での予測販売台数は約300台/月。日本国内販売と、日米を追って販売開始が予想される欧州市場を含めて、毎月の生産台数は500台前後になると考える。

以上、あくまでもアメリカ市場を軸とした予想である。正式な日本国内販売価格は2007年10月に公表されるはずだ。

(文=桃田健史(IPN))

 
新型「GT-R」、気になるお値段をアメリカでのライバルからズバリ予測!の画像

「シボレー・コルベットZ06」
 

	「シボレー・コルベットZ06」
	 
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る