【スペック】XKRクーペ(英国仕様):全長×全幅×全高=4791×1892×1322mm/ホイールベース=2752mm/車重=1665kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー付き(420ps/6250rpm、57.1kgm/4000rpm)

ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)/XKRコンバーチブル(FR/6AT)【海外試乗記】

余韻を残す小気味よい渋み 2006.11.02 試乗記 ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)/XKRコンバーチブル(FR/6AT) ジャガーブランドのスポーツカー「XK」のニューモデルが2006年5月に日本上陸を果たし、そのわずか2か月ほどあとのロンドンモーターショーで発表されたのが、「R」エンブレムを冠した「XKR」。スーパーチャージャーで武装した、このハイパフォーマンスモデルにスペインで試乗した。

ノーマルのイメージとさほど変わらない内外装

新型「ジャガーXK」といえば、まず話題となるのはそのスタイリングだろう。発表当初は賛否両論どころか圧倒的に“否”の声ばかり聞かれたものだが、実際に街を走り始めた今、徐々に印象が変わってきたという人が増えていると僕は確信する。何を隠そう僕自身も、最初はディテールに絶句し、しかしいつの間にかそのエレガンスにとりつかれ、結局大ファンになってしまったクチなのだ。
そんなXKの高性能版、新型ジャガーXKRに試乗するべく向かったのは、スペインはバスク地方。ワインで有名なリオハの周辺であった。

まず注目は、やはりそのアピアランスだ。拡大された開口部にラフなメッシュを挿入し、ボンネットルーバーやクローム仕上げのサイドパワーベントなどを与えられたその姿は、なかなか精悍な仕上がりである。しかし、この顔は同時に従来のXKのイメージを大きく変えるほどのものではないのも確かだ。
それはインテリアについても同様で、XKとの相違点は、“R”のレタリングが入ったメーターパネルやレザーシート、専用のシフトノブといった程度。例えばライバルと位置づけられるに違いない「メルセデス・ベンツSL55AMG」、あるいは「BMW M6」などとは違って、XKを詳しく知らない人にまで何かスゴいものに違いないとまで思わせるものには仕上がっていない。


 
ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)/XKRコンバーチブル(FR/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大

 
ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)/XKRコンバーチブル(FR/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大
【スペック】
XKRコンバーチブル(英国仕様):全長×全幅×全高=4791×1892×1329mm/ホイールベース=2752mm/車重=1715kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー付き(420ps/6250rpm、57.1kgm/4000rpm)
 
【スペック】
	XKRコンバーチブル(英国仕様):全長×全幅×全高=4791×1892×1329mm/ホイールベース=2752mm/車重=1715kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー付き(420ps/6250rpm、57.1kgm/4000rpm)
	  拡大

軽量ボディは独特の加速感

しかし、その実際の内容は、内外装から期待する以上のものだといっていいだろう。肝心要のパワーユニットは、XKが積むV型8気筒4.2リッターにイートン製スーパーチャージャーを組み合わせたもので、最高出力は420ps/6250rpm、最大トルクは57.1kgm/4000rpmを発生する。この数値は、XKに対して実に116ps/14.2kgm増しであり、また先代XKRとの比較でも、吸気系やスーパーチャージャーの冷却系の改良が功を奏し、14ps/0.7kgmの向上を見ている。その一方で、車重はXKに対して70kg増しに留まっており、おかげで0-100km/h加速はクーペの場合で5.2秒と、XKをジャスト1秒上回るという。

このスペックからすると、さぞ荒々しい走りではと身構えてしまうところだが、結論からいえば、それこそ内外装から受ける印象通り、運転感覚はきわめてジェントルだ。そう感じさせる第一の要因は、フラットなトルクカーブ。低回転域では明瞭なビートを刻み、回転を高めるにつれてその粒が滑らかに揃っていく感触は、なかなかの心地よさなのだが、実はどこから踏んでもトルクがギッシリ詰まっているため、そこまで回してやる必要はない。6段ATにはXK同様、俊敏なレスポンスを実現したシフトパドルも備わるが、この特性だと出番はほとんどないといっていい。

そんなエンジンと、クーペで車重1665kgという軽量アルミボディが相まって生み出される加速感は独特のものだ。200kg近くは重いライバルたちのような、重量物を力で無理矢理引っ張るような感触はまるでなく、グライダーか何かが滑空するかのように軽快に、しかし実際にはものすごい勢いで、速度を高めていくのである。
その際、先代のようにスーパーチャージャー特有のミーッという音が聞こえなくなったのもトピック。やや個性が薄まった感もあるが、上品さは確かに増している。

これみよがしでなく、クール

増大したパワーに合わせてサスペンションはスプリング、スタビライザーを硬め、減衰力可変ダンパーであるCATSのプログラムも変更された。ボディにも、リアサスペンションタワー左右を繋ぐ補強が追加されている。おかげでステアリングフィールに節度感が増し、また低速域での挙動も、しなやかさの中に適度に締まりが加わり、持ち前のライトウェイトスポーツのようなタイトな一体感が、より高められたと感じる。それでいて快適性も、コンバーチブルに19インチホイールという組み合わせですら十分満足できるものに仕上がっていた。

荒っぽさとは無縁のその大人っぽい走りのテイストに、最初は正直、もうちょっと刺激的でもいいのではとも思ったのは事実。しかしさらに距離を重ねるうち、先に挙げたドイツ製のライバルたちの、重量級ボディをこれでもかというハイパワーで押しまくる走りとは違った、スマートな高性能ぶりに、徐々に惹かれていく自分を発見することとなった。

それは、まさに内外装から受ける印象と同じ。これみよがしなところはなく、あくまでエレガントで、かつスポーティ、じわり余韻を残す小気味よい渋味が効いていて、要するにクール。古くからの英国車党というかたにも、これみよがしなハイパフォーマーに食傷気味なかたにも、是非味わってみてほしい最新モードのブリティッシュスポーツが、この新型XKRである。

(文=島下泰久/写真=ジャガージャパン/2006年11月)

関連キーワード:
XKクーペXKコンバーチブルジャガー試乗記

あなたにおすすめの記事