巨大スポーツカー市場アメリカで、「日産GT-R」への期待高まる

2006.11.02 自動車ニュース
 

巨大スポーツカー市場アメリカで、「日産GT-R」への期待高まる

日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが、「2007年10月デビュー」を名言した新型「GT-R」。アメリカでも日本とほぼ同じ時期に発売されると見られている。


写真は先の日産中間決算発表会で公開された、独ニュルブルクリンクを走るGT-R。
 

■「一刻も早く正規販売を!」

GT-Rは、初代ハコスカ、2代目ケンメリ、そして32/33/34の時代も、アメリカ正式上陸を果たしていない。しかし、“スーパージャパニーズカー”GT-Rには、アメリカでも多くのファンが存在している。

近年カルフォルニアで、32/33/34を並行輸入した業者がおり、タイヤメーカーの雑誌広告などにGT-Rが大きく登場することが多かった。しかし、同並行輸入業者が経営破綻した現在、「一刻も早く、GT-Rの正規販売を!」という願望が全米中から吹き上がっている。

日本国内では、現在販売されている多くの自動車雑誌が「新型GT-R、ニュル激走」の巻頭グラビア特集を組んでいる。
アメリカでは、新車・中古車情報の大手ウェブサイト「edmunds.com」のSpy photos/Hot Videosコーナーでニュルをテスト走行する新型GT-Rの雄姿が流れており、ファンのみならず、多くの自動車好きからアクセスが集まっている。

筆者は新型GT-Rとは別件で、10月中旬にドイツ・ニュルブルクリンクにいた。同地のノルトシュライフェ(北フルコース)でのIP(インダストリアル・プール=メーカー各社の合同テスト走行)には、世界各地から新型GT-Rのスパイショット狙いのために、雑誌、新聞、ウェブサイト関係者が大勢集まっていた。
これだけ多くの自動車メディア関係者が事前に新型GT-Rのニュルテスト情報をつかんでいることも不思議な現象だが……。

日産の決算報告会の会場の画面で大写しになっていた、「ニュルを走行する覆面新型GT-R」。巨大スポーツカー市場アメリカ進出で、日産自動車の救世主となるだろうか?

(文=桃田健史(IPN))

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る