巨大スポーツカー市場アメリカで、「日産GT-R」への期待高まる

2006.11.02 自動車ニュース
 

巨大スポーツカー市場アメリカで、「日産GT-R」への期待高まる

日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが、「2007年10月デビュー」を名言した新型「GT-R」。アメリカでも日本とほぼ同じ時期に発売されると見られている。


写真は先の日産中間決算発表会で公開された、独ニュルブルクリンクを走るGT-R。
 

■「一刻も早く正規販売を!」

GT-Rは、初代ハコスカ、2代目ケンメリ、そして32/33/34の時代も、アメリカ正式上陸を果たしていない。しかし、“スーパージャパニーズカー”GT-Rには、アメリカでも多くのファンが存在している。

近年カルフォルニアで、32/33/34を並行輸入した業者がおり、タイヤメーカーの雑誌広告などにGT-Rが大きく登場することが多かった。しかし、同並行輸入業者が経営破綻した現在、「一刻も早く、GT-Rの正規販売を!」という願望が全米中から吹き上がっている。

日本国内では、現在販売されている多くの自動車雑誌が「新型GT-R、ニュル激走」の巻頭グラビア特集を組んでいる。
アメリカでは、新車・中古車情報の大手ウェブサイト「edmunds.com」のSpy photos/Hot Videosコーナーでニュルをテスト走行する新型GT-Rの雄姿が流れており、ファンのみならず、多くの自動車好きからアクセスが集まっている。

筆者は新型GT-Rとは別件で、10月中旬にドイツ・ニュルブルクリンクにいた。同地のノルトシュライフェ(北フルコース)でのIP(インダストリアル・プール=メーカー各社の合同テスト走行)には、世界各地から新型GT-Rのスパイショット狙いのために、雑誌、新聞、ウェブサイト関係者が大勢集まっていた。
これだけ多くの自動車メディア関係者が事前に新型GT-Rのニュルテスト情報をつかんでいることも不思議な現象だが……。

日産の決算報告会の会場の画面で大写しになっていた、「ニュルを走行する覆面新型GT-R」。巨大スポーツカー市場アメリカ進出で、日産自動車の救世主となるだろうか?

(文=桃田健史(IPN))

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る