ボルボのフラッグシップ「S80」一新、予約受付スタート

2006.11.01 自動車ニュース

ボルボのフラッグシップ「S80」一新、予約受付スタート

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ボルボのフラッグシップサルーン「S80」をフルモデルチェンジし、2006年11月4日から予約注文受付を開始する。

■スカンジナビアンなデザインで勝負

2006年のジュネーブショーに出展されたボルボの旗艦「S80」の新型が上陸する。「S90」の後継として1998年にデビューした同車にとっては、8年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

ドイツ車勢に対抗すべく、スカンジナビアンなデザインと優れた乗り心地&ハンドリング性能をセリングポイントとしたニューS80。日本仕様のエンジンは、SUV「XC90」でお馴染みの4.4リッターV8(315ps、44.9kgm)と、新しい3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)の2種類で、いずれも6段ATを組み合わせる。
直6モデルはFFと4WD、V8モデルは4WDのみとなる。

全長は先代と同じ4850mmだが、幅と高さはそれぞれ25mm、45mm拡大され、1860mmと1495mmとなった。ホイールベースも長くなり2835mm。トレッドも広げられた。

安全装備はボルボの要。ミリ波レーダーで前車との車間距離を最適化する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」をはじめ、追突警告機能、死角範囲内に他車が進入してきた場合ドライバーに注意を促す「BLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)」、安全運転には重要でないと判断された警告シグナルなどの処理を後回しにする「IDIS(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)」などを揃える。

さらに、キーを携帯しているだけでロック解除やエンジン始動ができるほか、車載心拍センサーからの信号やロックの有無、アラームの作動などセキュリティ情報をオーナーに伝える機能を持つ「PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)」、デンマークDYNAUDIO社製スピーカー、ドルビーサラウンド・プロロジックIIシステムなどを備える最上級を謳うプレミアムサウンド・オーディオシステムなどを用意する。

直6モデルが3種類(うち1台は4WD)、V8は2種類という構成で、価格は575.0万円から939.0万円まで。

(webCG 有吉)

ボルボ・カーズ・ジャパン:
http://www.volvocars.co.jp/

関連キーワード:
S80ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る