【スペック】全長×全幅×全高=4058×1766×1315mm/ホイールベース=2400mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/3.2リッターV6 SOHC18バルブ(218ps/5700rpm、31.6kgm/3000rpm)

クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】

それなりにいい 2004.06.29 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)クライスラーのデザインとメルセデスのコンポーネンツが合体したスポーツカー「クロスファイア」。そのオープンモデルに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が、フランスで乗った。

新しいアメリカンスポーツカー

だいぶ前、「クライスラー・クロスファイア」のプロトタイプを2001年のデトロイトショーで見たときは、すごくカッコイイと思ったが、まさか生産にまで持ち込むとは考えていなかった。
結局、パートナーのメルセデスから(先代)「SLK」の中身を借りて、それはものになった。その過程で特徴的なセンターワイパーやヘッドライト・デザイン、巨大なホイール径などは消えたが、それでも1台、魅力的なスポーツカーが生まれたことは間違いない。

このクロスファイア、クーペには日本で乗り、最近フランスで新しいスパイダーにも乗ってきた。
何といってもこのクルマはカッコ勝負。妙にセンターの分割線にこだわったり、ロングノーズ、ほとんどないようなリアオーバーハングのプロファイルを重視しているから、ブガッティの「アトランティーク」のような、1930年代のフランスの高級パーソナルカーのイメージを追ったものだと考えていた。
それを今回フランスでデザイナーに聞いたら、「たしかにそれは否定できないけれど、いかにも新しいアメリカンスポーツカーの世界を開きたかったのです」ということだった。

ともかくとても派手で人目を惹くが、室内は正直言ってちょっと仕上げが安っぽい。ここをもうすこし頑張ってくれればよかったのにと思う。

納得できないところ

「クロスファイアロードスター」は、上げたときも、とてもきれいなルックスを保つソフトトップを備え、ちょうど22秒で開閉する。オープンボディの常として、クロスファイアロードスターは下半分が強化されたが、それでも重量増は、クーペに比べて36kgだけという。

走ってみると、屋根を開けたときのロードスターが一番(?)乗り心地がよく思った。変につっぱることなく、適度にしなうのがいいのかも知れない。3.2リッターの排気量をもつエンジンはメルセデスのそれだから、そんなに面白くないけれど、きちんとパワーをフィードする。
でもクーペもそうだったが、前225/40ZR18、後ろ255/35ZR19などという径が大きくサイドウォールが薄いタイヤの特性と、メルセデスのリサーキュレーティング・ボール式ステアリングとの相性が悪い感じだけは、どうしても納得できなかった。タイヤに対してステアリングが多少鈍感なのだ。

細かいことさえ目をつぶれば、ともかく迫力があるし個性にも富む。それにロードスターの幌をしまっても、それなりに荷室も確保されている。
スポーツカーとしてはほどほどに実用性が高いし、見栄も満たされる。メルセデスの新型SLKが、相当ドイツ的な“威張り顔”になってしまったいま、ちょっと外して乗るには、クロスファイアロードスター、それなりにいいかも知れない。

(文=webCG大川悠/写真=ダイムラークライスラー/2004年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クロスファイアロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.16 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    ドイツはカルマン社で製造されるジャーマンアメリカンたる「クライスラー・クロスファイア」。「メルセデスベンツSLK」のコンポーネンツを活用した2シータークーペに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


ホームへ戻る