【スペック】全長×全幅×全高=4330×1750×1540mm/ホイールベース=2615mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4 DOHC16バルブ(143ps/5200rpm、21.8kgm/4000rpm)/価格=333.9万円(テスト車=同じ)

クライスラーPTクルーザーカブリオリミテッド(4AT)【試乗記】

見た目だけじゃない 2004.06.24 試乗記 クライスラーPTクルーザーカブリオリミテッド(4AT)……333.9万円デザインコンシャスなクルマの代表格「クライスラーPTクルーザー」に、さらに人目を惹くオープンモデル「PTクルーザーカブリオ」が登場。自動車ジャーナリスト、生方聡の評価やいかに?
自動車ジャーナリストの生方聡



まずはカタチでしょ!

「クライスラーPTクルーザー」は、一目惚れで買うクルマである。なにせ一度見たら忘れられないフロントマスクや、ワゴン以上に使い勝手がいいのに、そうは見えない独特のフォルムなど、見た目の強烈さは他に類を見ない。レトロなのに新しい雰囲気があるあたりを、よく「フォルクスワーゲン・ニュービートル」と比較されるが、タイプは違うにせよ、インパクトが強いデザインであることはたしかだ。
そんなPTクルーザーのオープンモデル「PTクルーザーカブリオ」は、さらに注目度の高いスタイルが最大の魅力。人に見られてナンボのオープンカーだからこそ、これくらい濃いキャラクターが求められるのだ。

そのPTクルーザーカブリオが、ついに日本に上陸した(販売は、2004年7月1日から)。ラインナップは「PTクルーザーカブリオリミテッド」の1モデルで、ハンドル位置は左のみ、価格は333.9万円である。



写真をクリックすると幌の開閉が見られます。

ラインナップは「リミテッド」のみ

乗り込んでさっそく幌を開けんとするが、現代のカブリオレだけあって、操作はいたって簡単だ。フロントウィンドウ上のフレームにあるハンドルを捻って幌のロックを外し、センターパネルにあるスイッチを操作するだけ。約10秒後には、無限のヘッドスペースが手に入る。

走り出してすぐに気づいたのは、後頭部あたりがザワザワしないこと。一般道を法定速度で流す程度なら、後ろからの風の巻き込みが気になることはない。これは、Bピラーを結ぶ「スポーツバー」の賜物で、ボディ剛性の向上だけでなく、空力特性の向上にも貢献しているというから驚く。
試しにオープンのまま高速を走ったが、サイドウィンドウを下ろしたままでも70km/hくらいまでなら、キャビンは快適だった。それ以上の速度でも、不思議と頭のまわりだけは穏やかだったが、キャビンへの風の侵入は目立つようになり、約100km/hではサイドウィンドウを上げても下半身は風にさらされる。海沿いの一般道を流れに任せて走る……といった状況が一番気持ちがよさそうだ。





頼れる2.4リッターエンジン

走りっぷりも、なかなか好印象だ。それを支えるのが、ノーズに搭載される2.4リッター直列4気筒エンジン。セダンに搭載される2リッターエンジンのロングストローク版は、最高出力143ps/5200rpm、最大トルク21.8kgm/4000rpmの実力を持つだけあって、1500kgを超えるボディでも力強く引っ張ってくれる。しかも、あらゆる回転域で豊かなトルクを発生するから、扱いやすさの点では不満をおぼえることはないだろう。

装着される「グッドイヤー・イーグルNCT5」がやや硬めであるが、サスペンションそのものはゴツゴツした感じはなく、コーナーなどではむしろよくストロークしている印象だ。スポーツバーのおかげもあって、ボディ剛性にも不満はないが、荒れた路面ではフロアに伝わる振動が気になることもあった。まあ、そうはいっても、オープンカーとしては十分合格のレベルである。



写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

プラスアルファの魅力

一方、いい意味で意外だったのが、後席の居住性とラゲッジスペースだ。4人乗りのオープンカーといっても、必ずしも後席が広いとはかぎらないのだが、PTクルーザーカブリオの後席は、大人でも十分なレッグスペースと横方向の余裕が確保される。これなら、後席に押し込まれてもツラくない。惜しいのはスポーツバーが多少視界を邪魔することで、この点だけは後席の乗員に目をつぶってもらうしかない。

ラゲッジスペースの使い勝手は、オープンカーとは思えないほどだ。後席を使っている状態でも、209.5リッターのスペースが確保されるという荷室は、奥行きが約75cm、幅が約90〜120cmと、下手なハッチバックより大きいほど。さらに、分割可倒式の後席背もたれを前に倒して、そのまま前に跳ね上げれば、奥行き120cm、376.6リッターまで拡大可能だ。これならたいていの荷物が収まるだろう。後席といい、荷室といい、なにか得した気分である。

クルマ選びは人それぞれだが、実用性より楽しさを追求するオープンカーやスポーツカーなら、「エクステリアデザインに一目惚れ。誰がなんといおうとこのクルマ!」という人もすくなくないはずだ。もし、そんな動機でPTクルーザーカブリオを手に入れたとしても、実用性で後悔することがないのが、このクルマのいいところかもしれない。

(文=生方聡/写真=峰昌宏/2004年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
ホームへ戻る