カルロス・ゴーンがGT-Rの発売時期を明言!

2006.10.27 自動車ニュース

カルロス・ゴーンがGT-Rの発売時期を明言!

2006年10月27日、日産自動車は2006年度の中間決算を発表した。

■提携は緊急な課題ではない

上期(4月〜9月)の連結売上高は4兆5344億円、連結営業利益は3486億円となり、前年同期に比べ売上げは1.0%上昇したものの、営業利益はマイナス15.3%となった。1999年6月にカルロス・ゴーンが日産の最高執行責任者に着任し、日産自動車の再建に手を下してから、初めての中間営業減益ということになる。

販売台数などは予測を下回ったが、利益は想定範囲内とした。上期は原材料やエネルギー費の上昇、販売台数の低下などのマイナス要因があったものの、ドルとユーロが円安になった為替の影響で補完された。このトレンドは下期も続くとしながら、新車の投入と為替レートの期待で通期予想は変更しないと力強い発言がなされた。

また先日報じられたGMとの提携交渉打ち切りについては、「お互いにアライアンスの精神(Win-Winの関係)があわなかった」と理由を説明。また「他社との提携については?」という記者からの質問に対し、「必要性はないと考えるが、機会があれば考える」と、緊急性がないことを強調した。

■下期の新車は5車種、GT-Rは来年10月登場

上期の販売台数およそ35万台中、15%を占める軽自動車についても、「マーケットが求めており、今後はもっと強化していくつもりだ。」とコメントされた。この言葉のとおり10月3日には「オッティ」(三菱eKワゴンのOEM車)が発売され、下期にもう一台の軽自動車が登場するという。
そして米国で「インフィニティG35」として販売される、新型「スカイラインセダン」も11月に国内投入。さらに商用車2種もラインナップに加わる予定だという。

なお、2005年東京モーターショーでプロトタイプがお披露目され、2007年に発売が予定されている「GT-R」について、「10月にデビュー」とポロリと漏らす場面も。すなわち、来年の東京モーターショーで発表されるということなのだろう。

(webCG 本諏訪)

 

現在、第一号の「GT-R」試作車がドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでテストを重ねているという。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る