第286回:VWイオス淡路島試乗
これはツウなオレ流オープンカーだ!(小沢コージ)

2006.10.26 エッセイ

第286回:VWイオス淡路島試乗これはツウなオレ流オープンカーだ!

■206CC、307CC、メガーヌGCに続く第4弾

乗ってきました。VWの新しいオープンカー、EOS! 例のキヤノンのカメラと全く同じ名前なわけだけど、聞けば問題はほとんどなかったよう。
モノがカメラとクルマで全然違ってたってのもあるけど、ポイントはクルマのEOSが高級品だってことみたいね。もしやこれが軽自動車だったらハナシは違ってたかもしれない。

えー、で、簡単に言っちゃうとクルマの出来は大変よろしゅうございました。この手の電動ハードトップオープン4シーターとしては俺も持ってたプジョー206CC、同じプジョーの307CC、ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ(GC)に続く第4弾なわけだけど、単純に新しくなればなるたびに質が良くなっていく観もある。

まず良かったのはハンドリングと乗り心地のバランスだよね。206CCはボディ全体が小さ過ぎるせいかキャパシティ不足って感じで、足をややかため過ぎであり、一方307CCは非常にバランスが良く、メガーヌGCはルノーらしいシャープなハンドリングが捨てがたかった。

そんななか、EOSがまずいいのはステアリング・フィール。滑らかさと正確さでは、過去のCCモノのなかでもピカイチであり、中身が凄く詰まってる感じがする。

それはおそらくオープンカー専用ボディってことと、VWならではの個性だろう。確かにオープン時、市内のガタガタ道でステアリング回りが若干震えたけど、それ以外でステアリングはビシっと正確で、質感も高いし、安心できる。
それは俺が持ってたミニ・コンバーチブルも同様で、こういうボロが出ちゃいがちなクルマほどドイツ車有利だ。

いざ、オープンに!

■オープンカーには「普段の行い」が出る

というのもこれが全般的に出来が信用できないジャーマイーカなイタ車だったりすると、一個ダメだと全部ダメな気がしてきちゃうけど、逆に常日頃から質感万全のドイツ車の場合だと気にならないから。
要するに優等生がタマにミスしてもそれは「タマに」だけど、劣等性がミスしちゃうと「やっぱり」って感じるようなもんだ。ま、オープンカーには「普段の行い」が出ちゃうといいますか。

あとはパワートレインだよね。EOSは200psの2リッター直4ターボと、250psの3.2リッターV6があって、どっちもVW自慢のセミAT、DSGと組み合わせられるんだけど、特に2リッターはレスポンスがいい上、パワー十分で好印象。確かにV6のがパワーあるんだけど、特にいいなと思ったのは低速のトルク感と緻密な回転フィールで、高回転側ではそれほど優位性を感じない。

そのほかV6モデルはタマタマ18インチホイール装着車だったからか、路面にハンドルを取られがちで、ブレーキも若干甘くて全体的にイマイチ。個体差かもしれないけどね。

■実際は“3分割式”な電動ハードトップ

あとは肝心の5分割式の電動ハードトップルーフだよね。コイツは今までのがせいぜい2分割式だったのに対し、ピースが3つ増えてより動きが複雑ってのがウリなんだけど、実はそのうちの2ピースは事実上のルーフ収納部のフタであり、実際のところは“3分割式”。

でもその効果は確かになかなかで、今までのが“布団2つ折”で押入れに収納してたとすると、EOSは“布団3つ折”で収納するぶん、ルーフを長く取ることができ、フロントウィンドウを短くでき、より開放感がある。
ルーフ形状もより四角く、普通のセダン風にもできる。そのぶん、リアシートも居住性がいいってハナシなんだけど、実はこれはそれほど良さを感じなかった。

身長176センチの俺が、フロントシートにちゃんと座ってたポジションで、リアシートにもヒザに余裕を持ったまま座れるのは凄いんだけど、左右はルーフ収納部により圧迫されてるし、背もたれもそんなに寝そべってなくて、頭も天井に若干着く。プジョー307CCとそれほど変わらない。

ただ、トランクはカブリオレ状態で205リッター、クーペ状態で380リッターもあり実用性は高いし、なにより走行中にクーペ状態でスライディングルーフを開けられるのは便利。コレ、布幌のミニ・コンバーチブルにもついてたんだけど、結構使うんだよね。

■先達とは別の“VWらしい”戦略

ってなわけで性能的にはバッチリのEOS。でも率直に言って、俺だったらEOSより307CCを取っちゃうと思いました。
それはまずお 値段で307CCが安いのなら400万円以下で買えるのに対し、EOSは安くても438万円ってのもあるし、なにより307CCのがわかりやすくカッコいいからだ。

あのフロントウィンドウをペタンと寝かせて、全体的にガラス部分を小さくした307CCは、やっぱりスポーツカーっぽい。実際、WRカーにもなってるし。
もちろんフロントウィンドウ後端がドライバーの頭上ぐらいにくるとか、圧迫感があるとか、苦情を言う人がいるのも事実だけど、それはよっぽどオープンカーに慣れた“ツウ”が言う文句だ。

オープンカー素人集団の国、日本ではわかりやすく華やかな307CCの方がウケるに決まってるし、そもそも実際オープンにするチャンスがやたら少ない。どっちかっていうと「オレはオープンカーを持ってるんだぞ!」って所有感のが大事だったりする。その点でも307CC有利。

ただ、EOSはそれをわかって実用的に振ってきたわけだし、「あえて先達とは別の“VWらしい”戦略でチャレンジ」ってのもステキだ。これぞまさにヨーロッパ車の戦い方であり、ある種の個人主義にも繋がってくる部分だからして。単純に人マネは潔しとしないし、オレはオレ流で行くって感じよね。

ってなわけでEOS、オススメだと思います。

(文と写真=小沢コージ/2006年10月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』