シトロエン久々の大型サルーン「C6」上陸、ハイドロ搭載

2006.10.25 自動車ニュース

シトロエン久々の大型サルーン「C6」上陸、ハイドロ搭載

シトロエン・ジャポンは、シトロエン久々の大型サルーン「C6」を、2006年10月25日に発表。10月26日以降順次販売をスタートさせる。
3リッターV6搭載「C6エクスクルーシブ」(右ハンドル)のみの設定で、価格は682.0万円。


シトロエンのデザイナーを代表し、ジル・ヴィダルが登壇。「シトロエン特有のスピリットは意識してデザインしたが、歴代モデルを個別に意識したわけではない」と語った。

■“シトロエンならでは”で勝負

2005年3月のジュネーブショーでお披露目され、同年末にヨーロッパでリリースされた「C6」。「DS」「CX」「XM」と続く、戦後シトロエンのフラッグシップの新型だ。1989年デビューのXMが消えてから長らくたつから、久々の最上級ダブルシェブロンとなる。

圧倒的ともいえる存在感を醸し出す奇抜なデザインや、シトロエンのお家芸、油圧エアサス「ハイドロニューマティック・アクティブサスペンション」など、ドイツ車勢とは一味違う“シトロエンならでは”のキャラで勝負する高級サルーンといえよう。

なお、C6の登場で、「C1」(トヨタと共同開発した欧州車)、「C2」「C3」「C3プルリエル」「C4」「C5」「C6」そして「C8」(日本未導入のミニバン)と、シトロエンの新世代“Cラインナップ”ができあがったことになる。


車速が上がるに従って、リアスポイラーがせり出してくる。

■ハイドロによるフラット感、せり出すリアスポイラー

全長×全幅×全高=4910×1860×1465mm、ホイールベース=2900mmというボディは、全長5m超の「メルセデス・ベンツSクラス」「BMW 7シリーズ」よりもやや小ぶり。
しかし、ナマズのような(!?)独特のマスク、長いフロントオーバーハングと短いリアオーバーハング、滑らかな曲線を描くサイドビュー、うちに食い込むようなリアウィンドウなどなど、異彩を放つエクステリアがプレゼンスを増幅させているようだ。

エンジンは、「C5」に搭載される3リッターV6をチューンナップし、215ps/6000rpm、30.5kgm/3750rpmとしたもの。シーケンシャルモード付きの6段ATが組み合わされる。


シトロエン初のヘッドアップディスプレーが備わる。

前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンクの足まわりは、「ハイドロニューマティック・アクティブサスペンション」となる。油圧を用いたエアによるダンピング制御システムを備え、フラットな乗り心地をもたらすと謳われるものだ。

このハイドロサスでは、スイッチで「コンフォート」「スポーツ」各モードに切り替え可能。110km/h以上になると自動的に12mm車高を下げ、高速走行に備える。
さらに極度の凹凸路を低速で走行する際には12mmクリアランスをアップ。40km/h以下で1段階、10km/hで2段階まで、ドライバーが任意に車高を上げることができると、自在に上げ下げ可能という。

また、リアスポイラーは65km/hでせり出し、125km/hでワンポジションアップ。115km/hで1段目に戻り、25km/hで完全に収納されるという。


写真は本国仕様

■ヘッドアップディスプレイで車速表示

「エグゼクティブサルーン」を標榜するC6のインテリアにはレザートリムを採用。ダッシュボードは水平に直線、垂直に曲面という組み合わせで、真ん中に各種スイッチを集めたセンターコンソールとナビ用モニターを配置する。
ドライバーズシート前には、デジタルスピードメーターと右上に伸びるタコメーターなど。さらに、ヘッドアップディスプレイが、フロントグラスに車速を表示する。

装備面では、スイッチ操作のエレクトリック・パーキングブレーキ、駐車時に前後障害物を教えてくれるパーキングアシスタンス、静粛性確保のためのラミネーテッドサイドウィンドウ、フルオートマチックエアコン、車線逸脱警告システム、雨滴感知オートワイパーなどを用意する。


まるで角か牙のようなテールランプに挟まれたトランク開口部。

さらに、ショファードリブン仕様として、リア電動スライドシート、後席シートヒーター、ランバーサポート、サンルーフなどをセットにした「ラウンジ・パッケージ」をオプション設定。装着車は、710.0万円のプライスタグを付ける。

なお価格には、メンテナンスフリーなどのサービスが含まれているのだという。

(webCG 有吉)


写真の左右上に、ハイドロ用のスフィアが見える。

【関連記事】
シトロエンC6 3.0i V6(FF/6AT)【海外試乗記(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017636.html
シトロエンC6 3.0i V6(FF/6AT)【海外試乗記(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017637.html
シトロエンのフラッグシップサルーン「C6」、ドイツ勢に一矢報いるか?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018157.html

【carscope】「シトロエンC6」の写真はこちら


歴代のシトロエンモデルも、日本における新型「C6」の門出を祝った。

関連記事
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.11.9 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……710.0万円

    久々の最上級ダブル・シェブロン「シトロエンC6」が上陸した。奇抜なデザイン、お家芸の油圧エアサス、異彩を放つ高級サルーンは、乗り味もきわめて個性的=シトロエン的だった。


  • 高級セダン「シトロエンC6」が生産終了 2012.12.26 自動車ニュース フランスの高級車に逆風。登場時には大きな話題となりながら、最近は販売不調が伝えられていた「シトロエンC6」の生産が終了した。後継モデルはあるのか、それとも……。
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.12.28 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……682.0万円

    2006年10月25日、大型サルーン「C6」がデビューし、新世代の“Cラインナップ”ができあがったシトロエン。ひと目でわかる奇抜なデザインが印象的だが、乗ってもほかと違うシトロエンらしさがあるのか。
  • シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.7 試乗記 シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……479万円

    マイナーチェンジで新しいドライブトレインを採用した「C5」。デカいボディに小さいエンジンの組み合わせを、1.6リッターの「ツアラー」で試した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • シトロエンC6(20) 2006.10.27 画像・写真 2005年3月のジュネーブショーでお披露目され、同年末にヨーロッパでリリースされたシトロエン「C6」が遂に日本上陸!シトロエンのフラッグシップを写真で紹介する。
ホームへ戻る