VWのクーペカブリオレ「Eos(イオス)」、2リッターターボ438.0万円から

2006.10.25 自動車ニュース

VWのクーペカブリオレ「Eos(イオス)」、2リッターターボ438.0万円から

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲン初の電動リトラクタブルハードトップを持つ4座クーペカブリオレ「Eos(イオス)」を、2006年10月31日に発売する。




既報のとおり、「フォルクスワーゲン・イオス」が上陸する。
「ゴルフ」「パサート」と共通のプラットフォームの上に、5分割でリアに収まる電動リトラクタブルルーフシステムを採用したオープンボディを載せた。開閉時間は約25秒という。

日本仕様は、ゴルフ「GTI」でお馴染みの2リッター直4「T-FSI」ターボ(200ps、28.6kgm)搭載「イオス2.0T」(438.0万円)と、ゴルフ「R32」にも載る3.2リッターV6(250ps、32.6kgm)「イオスV6」(498.0万円)の2種類。いずれもトランスミッションは6段「DSG」で、右ハンドルとなる。




スポーツレザーシート(全車)、ボディカラーによってはベージュレザーや、オプションでディープレッドのナパレザ−パッケージを選択可能。周囲の視線が集まりやすいオープン時にもオシャレな内装でキメたい。
トランクルームは最大で380リッター、オープン時でも205リッターを確保したという(2.0T)。

CCとしては後発のイオス。ライバルであるプジョーの「307CC」(393.0万円〜)あるいはちょっと小さな「206CC」(268.0万円〜)、「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」(388.5万円)らと争うことになる。

(webCG 有吉)

【carscope】「フォルクスワーゲン・イオス」の写真はこちら

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2011.10.19 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    新型「ゴルフカブリオレ」に試乗。4人乗りオープンモデルの使い勝手とソフトトップの仕上がりは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.3.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)
    ……375万円

    昨年フルモデルチェンジされた「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」に、早くもオープンモデルが登場。スペック表だけでは推し量れないその魅力を満喫すべく、屋根を開けて春の九十九里浜へ向かった。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.5.23 試乗記 初夏の富士を「ザ・ビートル カブリオレ」でドライブ。 スペックシートからは読み取れない、その魅力に触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る