VWのクーペカブリオレ「Eos(イオス)」、2リッターターボ438.0万円から

2006.10.25 自動車ニュース

VWのクーペカブリオレ「Eos(イオス)」、2リッターターボ438.0万円から

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲン初の電動リトラクタブルハードトップを持つ4座クーペカブリオレ「Eos(イオス)」を、2006年10月31日に発売する。




既報のとおり、「フォルクスワーゲン・イオス」が上陸する。
「ゴルフ」「パサート」と共通のプラットフォームの上に、5分割でリアに収まる電動リトラクタブルルーフシステムを採用したオープンボディを載せた。開閉時間は約25秒という。

日本仕様は、ゴルフ「GTI」でお馴染みの2リッター直4「T-FSI」ターボ(200ps、28.6kgm)搭載「イオス2.0T」(438.0万円)と、ゴルフ「R32」にも載る3.2リッターV6(250ps、32.6kgm)「イオスV6」(498.0万円)の2種類。いずれもトランスミッションは6段「DSG」で、右ハンドルとなる。




スポーツレザーシート(全車)、ボディカラーによってはベージュレザーや、オプションでディープレッドのナパレザ−パッケージを選択可能。周囲の視線が集まりやすいオープン時にもオシャレな内装でキメたい。
トランクルームは最大で380リッター、オープン時でも205リッターを確保したという(2.0T)。

CCとしては後発のイオス。ライバルであるプジョーの「307CC」(393.0万円〜)あるいはちょっと小さな「206CC」(268.0万円〜)、「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」(388.5万円)らと争うことになる。

(webCG 有吉)

【carscope】「フォルクスワーゲン・イオス」の写真はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2011.10.19 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    新型「ゴルフカブリオレ」に試乗。4人乗りオープンモデルの使い勝手とソフトトップの仕上がりは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.3.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)
    ……375万円

    昨年フルモデルチェンジされた「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」に、早くもオープンモデルが登場。スペック表だけでは推し量れないその魅力を満喫すべく、屋根を開けて春の九十九里浜へ向かった。
  • 第51回:幸運の女神には前髪しかない 2017.7.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第51回は「幸運の女神には前髪しかない」。ディーラーのデモカーの入れ替え期、それはカーマニアにとって「狩り」の好機となる。“牛丼車”「ランチア・デルタ」の後継マシンは? ディーゼルへの想いが再燃する!
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る