トヨタの新型ハッチバック「オーリス」発売、「ランクス/アレックス」の後継

2006.10.23 自動車ニュース

トヨタの新型ハッチバック「オーリス」発売、「ランクス/アレックス」の後継

トヨタ自動車は、新型車「オーリス」を、2006年10月23日に発売した。「カローラ・ランクス/アレックス」の後継となる5ドアハッチバックモデルだ。


開発をとりまとめた第2トヨタセンターの金森善彦チーフエンジニア。いわく、仮想敵はハッチバックのグローバルベンチマーク、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」で、オーリスがゴルフより上回っているのは、「ハンドリングの軽さ」「万が一のシチュエーションにおける限界性能の高さ」の2点だとか。
日欧モデルの違いについては、欧州車にディーゼル仕様がある程度で、基本的には同じだという。

■3ナンバーサイズに

「カローラ」の5ドアハッチとして2001年1月にデビューした「カローラ・ランクス/アレックス」が一新、「オーラ(aura)」からの造語「オーリス(Auris)」の名を与えられ登場した。

先代同様、日欧で販売される世界戦略車という位置付けで、彼の地でも2007年春にリリース予定。既に2006年9月のパリモーターショーでは、コンセプトの名を付けお披露目されている。

新型は全幅を拡大し1760mmとし、日本でいう3ナンバー車に。ヨーロッパ市場に軸足を置いていることは想像に難くない。
お馴染みの1.5リッターに加え、新型「カローラ」にも搭載される1.8リッター「2ZR-FE型」を採用した。トランスミッションは全車CVT、FFと4WDが用意される。




価格は、162万2250円から229万9500円まで。月の目標販売台数は3000台、つまり年間3万6000台。「日産ティーダ」や「マツダ・アクセラスポーツ」といったライバル2ボックスカーと競うことになる。

■デザインはヨーロッパで

トヨタの欧州デザイン拠点ED2が手がけた意匠を纏うオーリス。一体感のあるフロントマスクやワイド感あるリアビューを特徴とする。
インテリアでの自慢は、インパネからセンターコンソールへと続くデザイン。ヨーロッパの建築手法「フライングバットレス(空飛ぶ梁)」をモチーフにしたというカタチがユニークだ。


「フライングバットレス(空飛ぶ梁)」をモチーフにしたというデザインがユニークなセンターコンソール。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4220×1760×1515-1530mmとひとまわり拡大。ホイールベース=2600mmは変わらない。

いざとなればコンパクトワゴンとしても使えるのがこのサイズの2ボックスカー。354リッターのラゲッジスペースは、カンタンにフラットにできるという「6:4分割ワンモーションチルトダウン格納リアシート」によりさらに拡大できる。

■エンジンはセダンと同型

エンジンは、新型「カローラ」シリーズで投入済みの2種類。FFと4WDでアウトプットが違い、1.5リッターは110ps、14.3kgm(105ps、13.8kgm)、Dual VVT-i付きの新型1.8リッターは136ps、17.8kgm(127ps、16.9kgm)を発生させる(カッコ内は4WDの値)。


オプティトロンメーターは、1.8リッターで採用。

全車に搭載される無段変速機「Super CVT-i」だが、1.8リッター車にはシフターを前後してマニュアル感覚で操れる「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」が備わる。エンジン始動、停止はステアリングホイール左下のボタンで行う。

サスペンションは、カローラアクシオと同じ形式。すなわち前マクファーソンストラット、後トーションビーム(4WDはダブルウィッシュボーン)とした。パワステは車速感応型の電動となる。

燃費性能だが、1.5リッター+FFで17.6km/リッター、1.8のFFでは16.8km/リッターという10・15モードでの数値が記される。

(webCG 有吉)


前席シートバックを薄型にしたことで足元スペースを広げたという後席。


トヨタ自動車「オーリス」:
http://toyota.jp/auris/


エンジンは1.5と1.8の2種類。




この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る