【F1 2006】最終戦ブラジルGP、マッサ母国で優勝、アロンソ2位で2年連続タイトル獲得、シューマッハー4位で引退レース終える

2006.10.23 自動車ニュース

【F1 2006】最終戦ブラジルGP、マッサ母国で優勝、アロンソ2位で2年連続タイトル獲得、シューマッハー4位で引退レース終える

F1世界選手権第18(最終)戦ブラジルGP決勝が、2006年10月22日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴス/4.309km)を71周して行われた。

ドライバー&コンストラクター両タイトル決定戦であり、ミハエル・シューマッハーの引退レースであったシーズンフィナーレ、フェリッペ・マッサ(フェラーリ)が母国で通算2勝目をあげ、地元ファンをわかせた。

10点リードで迎えた最終戦でフェルナンド・アロンソ(ルノー)が2位でフィニッシュ。シーズン中盤までに独走態勢を築きながら、夏以降様々な要因が絡み苦戦を強いられたが、ようやく2年連続となるタイトルを手中に収めることができた。
アロンソは、シューマッハー同様、ルノー(元ベネトン)で2連覇し、チームを去ることになる。

またジャンカルロ・フィジケラが6位に入り、ルノーはコンストラクターズチャンピオンシップでもV2を達成した。

14番グリッドからスタートしたジェンソン・バトン(ホンダ)が3位入賞。念願の初優勝を記録した2006年をいいかたちで締めくくった。

通算250戦目のラストレース、ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)は、予選でのマシントラブル、レース序盤のパンクと不運に見舞われ4位。8度目の栄冠は夢と消えた。
しかし、パンクで最後尾に順位を落としてからの驚異的な追い上げ、レース中のファステストラップ記録と、最後の最後まで輝きを失うことはなかった。

以下、5位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)、6位フィジケラ、7位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)、8位ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)が入賞した。

トヨタの2台は、前戦日本GP同様、予選での善戦を決勝で活かせず。ヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハーともリタイアした。

スーパーアグリ・ホンダは、最終戦を力走しデビューイヤーを締めくくった。佐藤琢磨は、19番グリッドからライバルたちを抑え好走、チーム過去最高位の10位でゴールした。山本左近も2周遅れの16位でフィニッシュした。

■老兵は死なず、ただ立ち去るのみ

買い替えを考え始めると、今まで愛用していたモノが突然壊れたりするが、あれだけ頑丈だったシューマッハーのフェラーリにも、最後にトラブルが頻発した。
前戦の日本GP、トップ走行中のシューマッハーを襲ったエンジンブローは、同種のトラブルとしては実に2000年フランスGP以来のものだった。

さらに今回、週末をとおして他を圧倒するペースをみせつけてきたフェラーリにあっても、予選トップ10を決める“Q3”でシューマッハーのマシンに燃料ポンプ異常が発生。出走できずに10番グリッドからスタートしなければならなくなった。

スタートから徐々にポジションをあげ、9周目にはジャンカルロ・フィジケラを1コーナーで抜き、5位にジャンプアップした直後、シューマッハーのマシンは挙動を乱した。左リアタイヤがパンクしたことで、コースの大半でスロー走行、タイヤ交換後には最後尾まで順位を落とした。

日本GPの大敗でタイトルを諦めたシューマッハーだったが、最後の最後、完勝で有終の美を飾ることはできなかった。しかし、彼が落ちぶれて引退を決意したのではないことは、誰の目にも明らかだった。

パンクしたタイヤを交換しピットをあとにしたシューマッハーは、ほとんど周回遅れといっていい最後尾。トップのマッサからは70秒も後方だった。ここからの追い上げがすさまじく、それから59周のうちに、ライコネンとの間にあった63秒ものギャップを帳消しにし、4位の座を、見事なオーバーテイクで奪ったのだ。

最後には自身通算76回目のファステストラップを記録。レース中の最速タイム中上位12番までがシューマッハーによるものだった。

7度のドライバーズタイトル、91回の勝利、68回のポールポジション……枚挙に暇がないほど多くの記録を打ち立てた、F1史上に名を残すドライバーは、ポディウムにあがることもなく、公式記者会見に呼ばれるでもなく、静かに最後のレースを終えた。

表彰台の上には、アイルトン・セナ以来13年ぶりのブラジルGPブラジル人ウィナーとなった僚友マッサ、シューマッハーを最後に破ったドライバーとして記憶されるV2達成の2位アロンソ、そして今年初優勝した3位バトンがあがった。
いずれも20代半ばの若手ばかり。37歳の偉大なるドライバーは、後進に未来を託し、15年もの長いキャリアを締めくくった。

(webCG 有吉)

■2006年ドライバーズチャンピオンシップ(トップ10)
1位:フェルナンド・アロンソ(ルノー) 134点
2位:ミハエル・シューマッハー(フェラーリ) 121点
3位:フェリッペ・マッサ(フェラーリ) 80点
4位:ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー) 72点
5位:キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス) 65点
6位:ジェンソン・バトン(ホンダ) 56点
7位:ルーベンス・バリケロ(ホンダ) 30点
8位:ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス) 26点
9位:ニック・ハイドフェルド(ザウバーBMW) 23点
10位:ラルフ・シューマッハー(トヨタ) 20点

■2006年コンストラクターズチャンピオンシップ
1位:ルノー 206点
2位:フェラーリ 201点
3位:マクラーレン・メルセデス 110点
4位:ホンダ 86点
5位:ザウバーBMW 36点
6位:トヨタ 35点
7位:レッドブル・フェラーリ 16点
8位:ウィリアムズ・コスワース 11点
9位:スクーデリア・トロロッソ・コスワース 1点

【F1 2006】最終戦ブラジルGP、マッサ母国で優勝、アロンソ2位で2年連続タイトル獲得、シューマッハー4位で引退レース終えるの画像

オープニングラップ、ポールポジションのマッサを先頭に1コーナーへ。予選のマシントラブルで10番グリッドからスタートしたシューマッハーのフェラーリは、コース左側からBMWの2台を追い抜こうとする。(写真=Ferrari)

オープニングラップ、ポールポジションのマッサを先頭に1コーナーへ。予選のマシントラブルで10番グリッドからスタートしたシューマッハーのフェラーリは、コース左側からBMWの2台を追い抜こうとする。(写真=Ferrari)

マッサ、13年ぶりとなるブラジル人によるブラジルGP制覇を達成。初優勝したトルコGPに次ぐ2勝目をあげた。最前列からミスなく独走したのは前回同様。チームメイトのシューマッハーを中心としたチャンピオン争いに話題が集まってしまったのもまた同じだった。(写真=Ferrari)

マッサ、13年ぶりとなるブラジル人によるブラジルGP制覇を達成。初優勝したトルコGPに次ぐ2勝目をあげた。最前列からミスなく独走したのは前回同様。チームメイトのシューマッハーを中心としたチャンピオン争いに話題が集まってしまったのもまた同じだった。(写真=Ferrari)

アロンソにとっては実に上下動の激しいシーズンだった。第9戦カナダGPまで6勝し、ランキング2位のシューマッハーに25点もの差をつけながら、シーズン途中で国際自動車連盟(FIA)に強力な武器マスダンパーを禁止され、ハンガリー、イタリア両GPではトラブルによりリタイアし、イタリアでは予選でブロックしたとペナルティを受け……第16戦中国GPで一度は奪われたトップの座を、次の日本GPで再び取り戻し、そして最終戦、2年連続のタイトル奪取に成功した。昨年記録した最年少タイトルホルダーに次いで、最年少ダブルチャンピオンとなり、シューマッハー(1994、95年)の記録を塗り替えた。(写真=Renault)

アロンソにとっては実に上下動の激しいシーズンだった。第9戦カナダGPまで6勝し、ランキング2位のシューマッハーに25点もの差をつけながら、シーズン途中で国際自動車連盟(FIA)に強力な武器マスダンパーを禁止され、ハンガリー、イタリア両GPではトラブルによりリタイアし、イタリアでは予選でブロックしたとペナルティを受け……第16戦中国GPで一度は奪われたトップの座を、次の日本GPで再び取り戻し、そして最終戦、2年連続のタイトル奪取に成功した。昨年記録した最年少タイトルホルダーに次いで、最年少ダブルチャンピオンとなり、シューマッハー(1994、95年)の記録を塗り替えた。(写真=Renault)

アロンソ、そしてミシュランタイヤが去るルノーも、昨年の初コンストラクターズタイトルに次ぐ2連覇。アロンソは、今年未勝利に終わったマクラーレンへと旅立ち、残るシートにはジャンカルロ・フィジケラとヘイッキ・コバライネンがつく。(写真=Renault)

アロンソ、そしてミシュランタイヤが去るルノーも、昨年の初コンストラクターズタイトルに次ぐ2連覇。アロンソは、今年未勝利に終わったマクラーレンへと旅立ち、残るシートにはジャンカルロ・フィジケラとヘイッキ・コバライネンがつく。(写真=Renault)

レース前、新旧チャンピオンがかたく握手。1990年代から続いたシューマッハー時代を止めたドライバーとして、アロンソの名が記憶されることだろう。(写真=Renault)

レース前、新旧チャンピオンがかたく握手。1990年代から続いたシューマッハー時代を止めたドライバーとして、アロンソの名が記憶されることだろう。(写真=Renault)

ありがとう、ミハエル! シューマッハーの引退は、フェラーリの輝かしい一時代の区切りとなる。偉大なるドイツ人チャンピオンから、マッサとライコネンという新しい時代のドライバーたちへバトンが渡される。(写真=Ferrari)

ありがとう、ミハエル! シューマッハーの引退は、フェラーリの輝かしい一時代の区切りとなる。偉大なるドイツ人チャンピオンから、マッサとライコネンという新しい時代のドライバーたちへバトンが渡される。(写真=Ferrari)

38年ぶりにフルワークスで参戦した2006年、ホンダは、ハンガリーGPで念願の第三期初優勝をあげた。そのジェンソン・バトン(写真先頭)は、予選の不調で14番グリッドと後方からスタートしたが、力強い走りで3位までポジションをあげ、表彰台でシーズンを締めくくった。
母国で気を吐いたルーベンス・バリケロは、予選5位からスタートで順位を落としたものの、7位でゴール。チームはコンストラクターズランキングを4位で終えた。(写真=Honda)

38年ぶりにフルワークスで参戦した2006年、ホンダは、ハンガリーGPで念願の第三期初優勝をあげた。そのジェンソン・バトン(写真先頭)は、予選の不調で14番グリッドと後方からスタートしたが、力強い走りで3位までポジションをあげ、表彰台でシーズンを締めくくった。母国で気を吐いたルーベンス・バリケロは、予選5位からスタートで順位を落としたものの、7位でゴール。チームはコンストラクターズランキングを4位で終えた。(写真=Honda)

トヨタにとっては最悪のシーズンフィナーレ。3番グリッドと上位入賞を狙える位置からスタートしたヤルノ・トゥルーリ、7番グリッドのラルフ・シューマッハー(写真先頭)とも、リアサスペンションにトラブルが発生し、ともにリタイア。この結果、手に届きそうだったコンストラクターズランキング5位の座を、同じメーカー系ワークスのBMWに明け渡すかっこうで1年を終えた。(写真=Toyota)

トヨタにとっては最悪のシーズンフィナーレ。3番グリッドと上位入賞を狙える位置からスタートしたヤルノ・トゥルーリ、7番グリッドのラルフ・シューマッハー(写真先頭)とも、リアサスペンションにトラブルが発生し、ともにリタイア。この結果、手に届きそうだったコンストラクターズランキング5位の座を、同じメーカー系ワークスのBMWに明け渡すかっこうで1年を終えた。(写真=Toyota)



【F1 2006】最終戦ブラジルGP、マッサ母国で優勝、アロンソ2位で2年連続タイトル獲得、シューマッハー4位で引退レース終えるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。