【スペック】全長×全幅×全高=3915×1665×1465mm/ホイールベース=2470mm/重量=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5600rpm、15.1kgm/4500rpm)/価格=219万円(テスト車=244万2000円)

フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT) 2006.10.19 試乗記 ……244万2000円総合評価……★★★★★1.4リッターと1.8リッターターボ「GTI」の間を埋めるべく追加設定された「ポロ1.6スポーツライン」。好ましいサイズだけではなく、走行感覚においても、兄貴分「ゴルフ」をも凌ぐ良さがあるという。

走行感覚はゴルフより上

思いきりよく5つ星をあげてしまおう。サイズ的には初代「ゴルフ」に匹敵し、「ルポ」(現在は日本ラインナップから落ちている)からゴルフまでの実用小型ハッチバックの中で一番使いやすいフォルクスワーゲン車といえる。

今回のグレード追加により走りの面でも、スポーティかつ楽しめる操縦感覚を身につけた。
このクラスで1180kgのボディ重量は、数値的に決して重くないにもかかわらず、なぜか重ったるい印象をぬぐえなかった。しかしこの「1.6スポーツライン」の6段ATは有効にパワーを引き出してくれるし、エンジンも素直に気持ちよく回る。

ただしスロットルを開けたままブレーキを踏んで、減速を促しつつシフトダウンさせ、素早く次の加速体勢に移行しようとすると、エンジンは突如失速してしまう。
これはVW-アウディ車に共通する悪癖であり、A(アクセル)B(ブレーキ)両方のペダルを同時に踏むとBを優先させる同社の哲学ではあろうが、著しく運転のリズムを狂わせるから、せめてリカバリーはもっと早めるべきだ。

動力性能もさることながら、操向性能もすばらしいものがある。パワーステアリングは電気モーターによるドライな感覚とは異なり、電動モーターによる油圧アシストはやはりしっとりした感触の良さがある。
基本的な違いは、ステアリングを回転させていない時にもアシストを続ける連続性で、直進時や定常旋回時の保舵領域での感覚で勝る。またロールセンターを高めに採る旋回感覚も、ロール感を向上させている。これら走行感覚ではゴルフより高級とすら言えるだろう。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1975年に初代がデビューした、ゴルフの弟分にあたるコンパクトハッチ。日本には4代目モデルが2002年5月から導入され、2005年9月のフェイスリフト、さらに2006年9月に1.6リッターの「クロスポロ」「1.6スポーツライン」を加えて現在のラインナップとなる。ポロのさらに弟分となる「ルポ」「フォックス」などが日本に導入されていないため、国内では最もコンパクトなVW車である。
(グレード概要)
テスト車の「1.6スポーツライン」は、名のとおり1.6リッターエンジンを搭載した、スポーティグレード。ボディは5ドアハッチバックのみとなる。「クロスポロ」と同型の心臓は105psと15.1kgmを発生。ティプトロニック付き6段オートマチックトランスミッションで前輪を駆動する。スポーツサスペンションと15インチアルミホイール、スポーツシートなどで、スポーティな演出がなされる。



フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像


フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
特別に凝った造形ではないがシンプルにしてスッキリまとまっている。計器類は見やすく必要なものは完備。ウィンカー、ワイパー、ライトなど普段多用するスイッチ類もちゃんとあるべき位置にあり、使いなれている操作で目的を完遂できる。ダッシュボード下の小さな棚は小物を置けて有効だが、フタができる構造なら中身が見えずさらにスッキリするだろう。
(前席)……★★★★
カッチリ硬めでドイツ車らしい造りのシートで、表皮の布地は見るからに座り心地が良さそうだ。サイズも大きめでたっぷりしている。実際に座るとややゴワゴワした感じがあるが、時間とともに馴染むタイプだろうか。ランバーサポート調整機構はなく、腰部を部分的に硬くしている。しかしここがやや縦方向に長いため、リポーターは背中がゴロゴロ左右に動きしっくりしなかった。座面の後傾斜角は見た目より少なめでハイト調整でも変化はつかない。奥まで座ると後端の固い部分に異物感を覚える。短距離では問題ないが長距離では疲れそう。
(後席)……★★★★
サイズは小さめながら、座面はちゃんと後傾斜角が確保されており、前席よりも前にズレにくい。高めに座ることにより前もよく見えるし、だらしなく膝を開く感覚がない。足先は前席の下に余裕があり、さらに前席シートバックの膝部分のえぐりがスペースの確保に効果的。背もたれの角度も適度に立ち気味で疲れない角度だし、丈は長く肩までホールドしてくれる。ヘッドクリアランスも十分。ただし居眠りしたくなるタイプではない。
(荷室)……★★★
ホイールやサスペンションの張り出し部分が大きめで、外観から予想するよりは狭そうに見えるが、普通に想定される用途には不足はなさそう。いざとなればリアシートを倒せるハッチバックゆえに、この程度で十分という割り切りも感じられる。バックウィンドウの傾斜からも想像されるように、ハッチを開けても雨天時に屋根にはならないが荷室が濡れることはない。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
特別パワフルではないものの素直に吹け上がり、スムーズで気持ちのよいエンジン。ATは6段階で広範囲にわたって有効にパワーを伝える。シフトはDから右にレバーを倒して+−をマニュアルで選べるが、右旋回時に横Gが高まると、体勢によっては膝が当たってDへ戻ってしまうこともあった。左足ブレーキなどAとBを同時に踏むとエンジンが休んでしまうが、せめてリカバリーを早めてほしい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
姿勢はフラット、サスペンションはしなやかに動き、ダンピングもいい。ロールセンターが高めに改善されて、ロール感が良くなった。スロットルのオン/オフによる姿勢変化も少ない。微舵応答はややマイルドながら直進性も良好。操縦安定性では特にパワーステアリングの操舵フィールがすばらしい。電動ポンプによる油圧パワステは、現状でベストチョイスだと思われる。操向系全体のデキがゴルフより高級で魅力的。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2006年9月20日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年式
テスト車の走行距離:3455km
タイヤ:(前)195/55R15 85V(後)同じ(いずれもFirestone Firehawk700)
オプション装備:マルチメディアステーション+マルチファンクションインジケーター(25万2000円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(4):山岳路(2)
テスト距離:280.6km
使用燃料:38.2リッター
参考燃費:7.34km/リッター


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る