日産、新型「インフィニティG35セダン」(スカイライン)を韓国で先行販売

2006.10.17 自動車ニュース

日産、新型「インフィニティG35セダン」(スカイライン)を韓国で先行販売

日産自動車は、同社の高級ブランド「インフィニティ」の新型モデル「G35セダン」を、世界に先駆けて韓国で販売すると、2006年10月17日に発表した。

新しい「インフィニティG35セダン」とは、現行型から国内専用からグローバルモデルへと立ち位置を変えた「スカイライン」の新型のこと。日本でも発表が近づいているスポーティセダンである。

心臓となるのは3.5リッター「VQ35HR」エンジンで、315ps、36.5kgmを発生。6段MTあるいはマニュアルモード付き5段ATを組み合わせる。

韓国での価格は、日本の伝統的紙素材をイメージしたというアルミフィニッシャーが備わる「プレミアム」が4750万ウォン(約570万円)、スポーティグレード「スポーツ」は4980万ウォン(約598万円)という(いずれも付加価値税込み)。

(webCG 有吉)

日産自動車「スカイライン」:
http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/
V35/0511/CONCEPT/main1.html

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る