1000台の「MINI」がサーキットに集結!〜「MINI CONNECTION 2006」開催

2006.10.11 自動車ニュース

1000台の「MINI」がサーキットに集結!〜「MINI CONNECTION 2006」開催

2006年10月7日(土)と8日(日)、「MINI」のオーナー向けイベント「MINI CONNECTION 2006」が、静岡県の富士スピードウェイで開かれた。


【写真上】ウェルカムボードには、来場者の寄せ書きがビッシリ。
【写真下】富士スピードウェイの駐車場は、まるで「MINI」の花が咲いたよう。「32(ミニ)」や「98(クーパー)」といった、思い入れの強い(?)ナンバーのクルマが目立った。

■参加者の誰もが、MINIにドップリ浸れる

2003年から毎年恒例となっている「MINI」のオフィシャルイベント、「MINI CIRCUIT DAY(サーキットディ)」。今年は「MINI CONNECTION(コネクション)」と名称もあらたに、日程を2日間に延長して開催された。

絶好の秋晴れのもと、会場となった富士スピードウェイには、北は青森県から南は熊本県までの日本各地から、974台ものMINIが集結。サーキットの広大な駐車スペースをカラフルに彩った。
2日間の来場者数は、のべ1900人に達したという。


実車を使って、安全装備のデモンストレーション。BMWグループでは、2007年から「MINI」を対象とした、新たな「ドライバー・トレーニング」の開催を検討しているという。

イベントは、サーキット内のショートコースを舞台に、多彩なプログラムが用意された。
飯田章氏や長島正興氏など、プロのレーシングドライバーが駆るMINIに同乗してサーキット走行を体験できる「レーシングタクシー」や、自らドライビングを楽しむ「スポーツラン」などは、いまや定番となった人気メニュー。参加者はサーキットならではのアトラクションを楽しんでいた。

隣接するステージでは、トークショーやダンス、さらに長年ドライビングスクール「ドライバー・トレーニング」を開催してきたBMWグループらしく、MINIを使ったシートベルト講座やDSC(姿勢制御装置)のデモが行われた。




会場には家族連れの姿も目だった。サーキットコースに並ぶ実車を目の前に、子供たちはTVゲーム「グランツーリスモ」のタイムトライアルやラジコンカーのレースで、しっかりとMINIの世界にハマっていた様子。
かたや女性陣は、MINIブランドのアクセサリー&ウェアを品定めしていたり……。参加者のだれもがそれぞれ「MINIの世界」にドップリ浸っていた。


メインコースのピットで、カジノスタイルのゲームに興じる参加者。MINIのナイトライフを盛り上げた。

■“夜の部”もご用意

多くのオーナー向けイベントは夕方までに“お開き”となるものだが、クルマのMINIだけでなく「MINIカルチャー」を満喫して欲しいという同イベントでは、17時からナイトプログラムを用意した。
サーキットの特設ステージで、「DA.B.B.C」や「デレック K」による音楽ライブ、トークショー、はたまたMINIオリジナルウェアのファッションショーなどが開かれ、参加者は秋の夜長にMINI三昧の時間を過ごした。

当日は、そのままキャンプ泊が可能。晴天に恵まれたこの日の晩は、眼前の富士山が初冠雪を記録するほどの冷え込み(!)になったが、それでも10組ほどのツワモノは、MINIといっしょに朝を迎えたという。


英国などの大規模な「“旧”MINI」イベントを彷彿とさせるパレードラン。モデルが変わっても、やっぱりMINIはMINI(?)

2日目(日中のイベントプログラムは、初日と同じ)。日が傾き始めると、富士スピードウェイのメインコースで全員参加によるパレードランが行われ、2日間にわたったMINIのオフィシャルイベントはフィナーレを迎えた。

このイベントをきっかけに始まったローカルなミーティングも多かったようで、パレード終了後、暗くなるまでところどころで記念撮影が続けられていた。
ふと、「MINIを通じて人々がつながっていく」という「MINI CONNECTION 2006」のコンセプトが思い出された。

2002年3月2日(MINIの日)以来、日本でいままでに約5万8000台が販売されたという「MINI」。
その現行モデルも、先ごろフルモデルチェンジが伝えられ、日本には来春の上陸が予定されている。来年の「MINI CONNECTION」で、2種類のMINIがズラリと並ぶ姿がいまから楽しみだ。

(文=webCG 関/写真=BMWジャパン/webCG)




MINI:
http://www.mini.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る